亡くなった人が、保険に入っていたかがわかる?「生命保険契約照会制度」とは?

亡くなった人が、保険に入っていたかがわかる?「生命保険契約照会制度」とは?

「亡くなった人が生命保険に入っていたかわからず困った」という相談を多く聞きます。手がかりが何もない場合は、生命保険の有無を調査できる「生命保険契約照会制度」が利用できますのでご紹介します。


■亡くなった人が、生命保険に加入していたかの有無を調べられる制度がある
相続が発生した際、亡くなった人が生命保険に入っていたかわからないことが多くあります。当面の生活費や相続税の支払いなどの資金として生命保険金があるのとないのでは大きな違いです。

これまでは手がかりが何もない場合は調べる術がありませんでしたが、生命保険の有無を調査できる「生命保険契約照会制度」が2021年7月1日より創設されました。スタートして約1年が経ちますが、まだ認知度が低く知らない人が多くいます。

手がかりがなくても、各生命保険会社の全社が加入している「生命保険協会」が調べてくれますので、漏れなく調査が可能となっています。


■「生命保険契約照会制度」を利用できる人は誰?
では、どういった場合に調査してもらえるのでしょうか? いくつかの条件があります。

・対象者が「死亡」または「認知症」となった場合で、対象者が「保険契約者」または「被保険者」となっている保険契約
・照会者(依頼者)は「相続人」や「遺言執行者」など

また、代理人として「弁護士」や「司法書士」が照会可能です。


■照会の申請の進め方は?
申請の流れは以下の通りです(WEB申請も可能です)。

1. 生命保険協会HPより申請書類の取り寄せ

2. 必要書類(「照会者の本人確認書類」「法定相続情報一覧図または相続人と被相続人の関係を示す戸籍等」「照会対象者の死亡診断書」など)をそろえ、提出する

3. 照会に係る費用:3000円(税込)を支払う

4. 約2週間程度で結果の回答がもらえる

※なお、あくまで照会の結果を得られるのみで、保険金の請求手続きの代行はしてくれません。

以前は、亡くなった人が生命保険に入っていたかについては、「保険証券を探す」「何らかの保険会社からの通知を探す」「通帳から保険料の引き落としがないか探す」「確定申告書で生命保険料控除がないか確認する」など以外に調べることができませんでした。しかし、生命保険契約照会制度を利用することで漏れなく調べることができます。

せっかく入っていた生命保険の存在に気がつかず、請求漏れなどにならないように、ぜひ利用してみてください。

文:小野 修(ファイナンシャルプランナー)

税理士法人レガシィ所属のAFP。年に100件超の相続相談・対策を担当。資産家やトラブル事案を得意とする。相続が発生した人だけでなく、将来の相続が心配な人の生前対策、相続後の節税プランニングなども行っている。
(文:小野 修(ファイナンシャルプランナー))

関連記事(外部サイト)