公立教師の定年退職手当、平均はいくら? 地方自治体でどれくらい違う?

公立教師の定年退職手当、平均はいくら? 地方自治体でどれくらい違う?

全国に約3万7200校ある公立校の先生は、教育職の地方公務員です。退職金は、都道府県や市区町村から支給されます。定年退職者への退職手当の平均支給額と退職金支給額トップ5を、都道府県、政令指定都市、市区町村別にご紹介します。


■公立の学校は全国に約3万7200校。小学校・中学校の9割超が公立
日本には、国立・公立・私立の幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、専修学校、各種学校が約5万5500校(短期大学、大学、高等専門学校は除外)あります。

うち公立は約3万7200校で、小学校や中学校、義務教育学校、特別支援学校の95%程度、高等学校の73%、中等教育学校の61%を占めます。

そんな公立学校の教師の平均的な退職金額を、都道府県、政令指定都市、市区町村ごとに調べました。

出典:文部科学省「令和3年度学校基礎調査(確定値)の公表について」に掲載の「令和3年度学校基礎調査結果のポイント」(令和3年12月22日公表)


■中学校・高校の教師で定年退職するのは6割強
総務省の「令和2年度地方公務員の退職状況等調査」によると、令和2年度に教育職に就いている地方公務員の離職者数は4万2645人。

内訳は、定年退職2万7840人、早期退職1160人、勧奨退職2549人、普通退職(自己都合や諭旨免職による退職など)1万524人、懲戒免職130人、その他(分限免職、失職、死亡退職)442人で、定年退職は65%に過ぎません。


■公立教師の60歳定年退職手当は平均いくら?
公立の教員は、地方公務員ですので退職手当は地方自治体、都道府県や市区町村から支給されます。平均支給額を、総務省の「令和3年給与・定員等の調査結果等」を基にご紹介します。

●都道府県:60歳定年退職者への退職金支給額トップ5
1位:兵庫県/2323.1万円
2位:三重県/2311.1万円
3位:京都府/2297.4万円
4位:神奈川県/2288.5万円
5位:愛知県/2279.3万円

47都道府県の教育公務員60歳定年退職者への平均支給額は約2235万円です。支給額のトップは兵庫県の約2323万円で、最下位との差は約234万円です。また、支給額が平均以上は28都道府県です。

●政令指定都市:60歳定年退職者の退職金支給額トップ5
1位:名古屋市/2364.3万円
2位:静岡市/2303.7万円
3位:岡山市/2293.9万円
4位:神戸市/2293.0万円
5位:浜松市/2278.0万円

20政令指定都市うち19都市の教育公務員60歳定年退職者への退職手当支給額は2000万円を超えています。残りの1都市は1000万円未満です。今回はこの都市を除く19都市で集計しました。それによると、平均支給額は約2226万円で、最高額と最低額の差は約302万円、平均支給額より多く支給しているのは8団体です。

●市区町村:60歳定年退職者への平均支給額トップ5
1位:東京都港区/2427.7万円
2位:兵庫県西宮市/2404.1万円
3位:山形県山形市/2299.1万円
4位:兵庫県尼崎市/2297.1万円
5位:神奈川県横須賀市/2288.3万円

市区町村1721団体のうち教育公務員の60歳定年退職者の退職手当平均支給額のデータがあるのはわずか22団体です。そのデータによると、平均支給額は約2196万円で、13団体が平均額より多く支給しています。最高額と最低額の差は約478万円です。


■公立教師の定年退職金は平均約2200万円。中小企業の約2倍
民間企業の退職金平均給付額はどのくらいなのでしょうか。日本経済団体連合会の「2021年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」では、管理・事務・技術労働者(総合職)の大学卒は2243万円、高卒1953万円です。

また、給与所得者の70%を占める中小企業従業員の定年退職金は、大学卒が約1119万円、高校卒は1031万円です(東京都産業労働局「令和2年 中小企業の賃金・退職金事情」)。

公立教師の平均の定年退職金額約2200万円は、大企業の総合職の大卒とほぼ同額、中小企業の大学卒の約2倍相当額です。最近、問題提起されている教師の労働時間や労働環境・内容などを考えると、この金額は多いのでしょうか? それとも少ないのでしょうか?

文:大沼 恵美子(ファイナンシャルプランナー、年金アドバイザー)

大沼FP・LP設計室代表。FPとして2002年に独立開業。「健康は食のバランスから、貯蓄は生活のバランスから」という考えを提唱する。企業や地方自治体等の各種セミナーやFP資格取得講座、福祉住環境コーディネーター資格取得講座の講師も務める。
(文:大沼 恵美子(ファイナンシャルプランナー、年金アドバイザー))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?