口臭の原因となる成分は硫化水素やアンモニアなど、有毒ガスの成分が多数

記事まとめ

  • 口臭の原因となる成分は硫化水素、アンモニア、メチルメルカプタンなどである
  • これらは、口臭レベルでは人体に影響を与えないが、有毒ガスの成分である
  • これらは揮発物質なので息に混じって拡散しやすく、口臭は人が敏感に感じやすいという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております