2016年単身世帯の平均貯蓄額は50万円増えるも、貯金なしが過去最高の48%と二極化

記事まとめ

  • 金融広報中央委員会が2016年の「家計の金融行動に関する世論調査」を公表した
  • 2人以上世帯の平均金融資産保有額は100万円超の減少、単身世帯では50万円近い増加
  • その一方、金融資産を保有していない世帯も過去最高を更新というように二極化の動き

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております