みかんを食べ過ぎると皮膚が黄色くなる『柑皮症』は健康に害なし 黄疸と勘違い注意

記事まとめ

  • みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなることがあるが、これは『柑皮症』という病気
  • カロテンを含むニンジン、カボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜も原因となる
  • 健康にも悪いのではないかと心配する人もいるが、カロテンの量を抑えれば治療は不要

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております