熱中症時に気をつけたい水中毒 ナトリウム濃度低下で、アメリカでは死亡例も

記事まとめ

  • 水中毒とは大量の汗をかいたときなど、水分補給で大量の水を体内に入れた場合おこる
  • アメリカでは2007年に、水飲みコンテストで「水中毒」をおこして死亡するという事件も
  • 嘔吐・下痢などの脱水にはWHOが推奨している経口補水液が適している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております