40歳独身、15年間、不倫の恋を続けて…

40歳独身、15年間、不倫の恋を続けて…

不倫の恋をして15年、40歳になってしまったメグミさん。今、彼女は振り返って、自分の人生を肯定できず、もがき苦しんでいる。

わたしは「不倫」と呼ばれる恋愛をしている人たちに、15年にわたって取材をしてきた。個人的には不倫を推奨はしないし、迷うならやめておいたほうがいいと思っている。しかし、実際にしている人がいる限り、やはり私は話を聞き続けると思う。 40歳独身、不倫の恋歴15年のメグミさん(仮名=広告関係勤務)は、今、彼への若干の恨みつらみも抱えながら、身動きがとれない状況の中で、もがいている。


■「私、結婚できない」何度も別れようと思った
――15年間、不倫の恋をしているそうですが、出会いのきっかけは?
メグミ:いつの間にか15年たっちゃいましたね。古典的かもしれないけど、私の場合は、職場です。大学を卒業して配属された部署で、3年目に課長が替わった。それが彼だったんです。私より10歳年上。すでに結婚していて、子どももふたりいました。当時、6歳と3歳の子が、今や21歳の大学生と18歳の高校生。相手の子の年を考えると、長いことつきあってきたんだなと思います。

――どういう場所で会っていたんですか?
メグミ:私、彼とつきあうようになってからひとり暮らしを始めたんです。会社と彼の家の中間くらいに。そうすれば寄りやすいかな、と思って。それは大成功だったんですよね。まれに仕事が遅くなったとき、会社に泊まっていた彼が、うちに泊まるようになった。

――本当に好きなんですね、彼のこと。
メグミ:学生時代からつきあっていた人がいたんだけど、社会人になってすぐ別れて。それから会社の同僚とも少しつきあったけど、やっぱりしっくりこなかった。彼のことは仕事の大先輩として尊敬していました。男としても惚れ込んでいたんです。

――それが少しずつ、気持ちが変わってきた?
メグミ:最初に戸惑ったのは、30歳になるころ。周りもそろそろ結婚し始めていたし、このままだと「私、結婚できない」って焦りました。でもちょうど、仕事もものすごく楽しくなってきて。

――彼は当時、何か言ってました?
メグミ:そのあたりはズルくてね。私の30歳の誕生日にレストランで食事をしながら、「30代のうちに結婚したほうがいいよ」って。あんたに言われたくないって心の中で思いました(笑)。

でもねえ、大好きだったから、うなずきながらも、私はあなたから離れられないと思っていましたね。ただその2年後くらいかな、彼が部署を異動になったんですね。違う部の部長だから昇進なんですけど。前よりもっと忙しくなって、もう会えないかもしれないと思った。ある意味では、別れるチャンスかもしれない、とも感じていました。

――でも別れることなく……。
メグミ:彼はいつも、「きみに好きな人ができたらいつでも言って。オレは静かに身を引くから」って言ってたんですよ。なのに、「これから行ってもいい?」と言う彼のメールに、私が「今日は家で仕事するから」と返すと、「オレのこと嫌いになったの?」って……。そのころから、なんとなく彼は私をリードする存在ではなくなっていったのかも。

――頼ってくるようになった?
メグミ:ある意味、本音が出てくるようになったんでしょうね。家であまり大事にされていない感じもあったし。それなら私がかばってあげなきゃ、こんなに素敵な人なんだからと思っていた。


■彼さえいなければ……
――結婚したいとか子どもがほしいとかは思わなかったんですか?
メグミ:思いましたよ。その欲求がいちばん強くなったのが35歳の声を聞いたときですね。ちょうど体調を崩して、3日ほど入院、その後、自宅で4日間静養。会社を1週間ほど休んでしまったんです。彼は心配して来てくれたけど、ずっといるわけにはいかない。夜中にひとりで寝ていると心細くてね。どうしてちゃんと結婚しなかったんだろう、このままひとりで老いていくのかと思ったら、たまらない気分になった。

それで友だちに頼んで合コンを開いてもらったり、結婚相談所に登録したりもしました。もちろん、彼には黙って。

――それでも、つきあおうと思える人には出会えなかった……。
メグミ:ええ、しかももともと相性がよかった彼とのセックスが、ますますよくなっていって。体がわななくような快感を得られるようになったんですよね。お互いに身も心もいちばん充実している時期だったのかな。それで、やっぱり私にはこの人しかいない、という気持ちにもなっていったんです。

――それがまた最近、少し変わってきたんですか?
メグミ:ついに40歳になっちゃったんだなと思ったとき、もう子どもはあきらめるしかないなと感じて。0歳の子が中学を卒業するような期間、私は彼とつきあってきた。でも結局、何を得たんだろうと考えたら、何も得てない。引き替えに、結婚も出産もできない状態。

一方で彼は、子どもも大きくなって家族は安泰。最近では妻との仲もうまくいっているのか、一家で海外旅行なんかしているわけですよ。ああ、バカバカしいと思いました。

それにね、こんなこと言っていいかどうかわからないけど、最近、彼がオッサン化してきたのが気になって。

――加齢臭?
メグミ:それもあるし、口臭がひどい。本人も気にして医者に行ってるみたいだけど、歯周病なんじゃないでしょうか。セックスも弱くなった。私はもっともっとしたいのに、最近、疲れてあんまりできないって言い出して。バイアグラくらい飲んでくれてもいいのに。

――自分のために彼は何も犠牲にしていない。そんな気持ちがあるのでしょうか。
メグミ:ありますね。確かに私が選んだ関係なんです。それがわかっているだけに、よけいイライラするんです。一生を棒に振ってしまったのかもしれない。彼が本当に私を好きなら、どこかで私が結婚するように仕向けてくれてもよかったんじゃないかとさえ思う。ずるずると関係を続けてきて、ここでひとりになることもできなくなってる。

――まだ40歳ですよ。
メグミ:女としては、もう40歳とも言えますよね。もし私が一度でも結婚していて、離婚したあと彼とそういう関係になったのなら、40歳を迎えても、それほど焦りはなかったかもしれません。でも一度も結婚せず40歳を迎える状態になるとは思ってもいなかった。

――でも、たとえ相手が結婚しているとはいえ、本当に好きな人と15年、ともに歩んできたわけだから……。
メグミ:それをよしとできない自分がいるんです。この15年、仕事はそれなりにがんばってきたけど、私の代わりなんていくらでもいるとわかってる。

私、一人っ子なので、親も本当は孫を抱きたいと思っているはずなんですよね。だけど、「仕事がいちばん大事なら、それもいいよ、あなたの生き方だから」って母は私を認めてくれている。それも心苦しいです、この年になると。
私の人生、こんなはずじゃなかった。最近、そればかり考えています。彼さえいなければ、私がこんな気持ちになることはなかったのに……。


それでも、メグミさんは彼ときっぱり別れることができないでいる。15年間、慣れ親しんだ心も体も、そう簡単には離れられないのかもしれない。自分自身を、そして、自分の生きてきた道を否定してしまったら、生きることがつらくなってしまう。もう少しだけ、自分を許すことができたらいいのに……。
(文:亀山 早苗)

関連記事(外部サイト)