なんで…?異性を紹介してもらえない人の特徴

なんで…?異性を紹介してもらえない人の特徴

「誰かいい人紹介して!」と友人や知人にお願いしているのに、一向に紹介してもらえない人がいます。それはなぜなのでしょうか?


■紹介で付き合うメリットは多いのに……
「どこで出会ったの?」とカップルに尋ねると、「友だちの紹介で……」と言う人は多いですよね。友だちや知人の紹介で出会うメリットはたくさんあります。

・「類は友を呼ぶ」で、すぐに仲良くなりやすい
・相性が良さそうな人を紹介してもらいやすい
・どんな人なのか前情報がある
・間に知人がいるからあまり悪いことはできない

しかし「誰か紹介してよ!」と言っているのに、なぜか自分だけ誰も紹介してもらえない人たちがいます。彼らはなぜ紹介してもらえないのでしょうか? そして、どうすれば紹介してもらえるようになるようでしょうか。


■パターン1:理想が高すぎる
ある女性が言いました。「絶対に年収は1000万以上で、せめて有名大学を出てないとね。しかも高身長のイケメンで、私のことだけが好きで、記念日にはブランド品を買ってくれる人!」

また、男性は言いました。「モデル級の顔とスタイルの美女だけど巨乳。料理の腕はプロ級で、ほかの家事も完璧にできて、俺に絶対に反論しない性格が良い子」。

そのような理想にぴったりの人はいます。しかし、その人たちは当然のように競争率が高い高嶺の花。上記の条件は極端な例にせよ、条件のハードルが高くなればなるほど「もっといい人に紹介したい」、条件の数が多くなればなるほど「該当者がいない」と思われるので、紹介してもらいづらくなります。


■パターン2:誰でもいいから紹介して
紹介する人は、条件を踏まえて「あいつとあの子を会わせたら、いい雰囲気になるんじゃないか」など、頭の中でマッチングを考えます。ただ、あまりに漠然と「紹介して」と言われても、検索ワードを入れずに検索ボタンを押すようなものです。その場の会話として、記憶から流れていきやすくなります。

また、「誰でもいいから」と言っておいて、誰でもは良くないのが常。せっかく紹介したのに、ブツブツ文句を言ってはいませんか?「感じ悪いから、二度と紹介しない」と思われてしまいます。


■パターン3:恋愛が長続きしなそう
紹介する人からすれば、どちらも自分の知人や友人。できれば幸せになってもらいたいと思うはず。せっかく紹介したのに一瞬で別れてしまってはがっかりしてしまいますし、人によっては「顔を潰された」と思うようです。

・浮気性
・暴力的
・金銭感覚が狂っている
・極端に飽きっぽい

外見が良くても、別れる直接的原因となるようなレッドカード要素がある人には、「この人に紹介しても、あの人は幸せになれないな」と思われ、紹介の声が掛かりません。


■パターン4:感謝をしない
紹介するほうは、「幸せになってほしい」と思って紹介します。ただ、紹介したのに全く報告がないと、のけ者にされたように思って気分を害する人が多いようです。ただ一言、「付き合うことになったよ。紹介してくれてありがとう」という言葉がほしいだけなのに、それすらしてくれなさそうな人がいます。

つまり感謝ができない人には紹介する気が失せてしまうのです。また、なにかをしてもらったときに感謝ができない人は、恋愛がうまくいかないことが多いように思います。「してもらって当然」という高慢な態度の人もまた、紹介したくない人物像です。


■紹介してあげたくなる人って?
シンプルに、いい人は「幸せになってほしい。いい彼氏(彼女)候補を紹介してあげたい」と思われるもの。ちゃんと「誰か紹介して」と意思表示をしておいて、高すぎず多すぎない条件を伝えれば、頭の中の人物データベースを検索して該当者を捜そうとしてくれます。「情けは人のためならず 巡り巡って己がため」。「めんどくさい」ことを頼まれても、「いいよ」と快く引き受けてくれる人は感謝されて、「この恩は紹介という形で返そう」と思われやすくなります。

紹介する人は、「紹介する義理があるか」「紹介するメリットがあるか」を無意識のうちに考えるため、どれだけ尽力してくれるかは、普段の自分の言動の映し鏡だといえるでしょう。
(文:相沢 あい)

関連記事(外部サイト)