海外でも共通ポイントカードは持っていく必要ありとは?

海外でも共通ポイントカードは持っていく必要ありとは?

海外でも共通ポイントカードは持っていこう!


■海外でも共通ポイントは貯めたり・使える!
先日、グアムに行ってきました。グアムでもTカードやdポイントカードを提示してTポイントやdポイントを貯めてきました。実は、海外でも共通ポイントカードが使えることもあるのです。

海外での共通ポイントの貯め方・使い方、利用できる国を紹介します。


■様々な国で貯めたり・使える「Tカード」

Tカードは、グアムだけでなく、ハワイ、バリ島、韓国、中国、シンガポール、タイでも利用可能です。

[海外でTポイントを貯めたり・使えたりできる店舗一覧]

貯め方・使い方は2パターンあり、日本の店頭と同じように、レジでTカードを提示するパターンと専用カウンターで処理してもらうパターンです。

レジでTカードを提示するパターンは、わかりやすいですので、専用カウンターでの処理について紹介します。貯める場合はレシートとTカードを持っていくと積算処理をしてくれます。使う場合は、ポイントを「お買物券」に交換してからお店で「お買物券」を利用します。


■台湾では「Pontaカード(公式)」を事前インストール!
2016年11月から開始したのが台湾の「得易Ponta」との提携です。対象店にて「Pontaカード(公式)」内の専用カードを提示すると、ポイントを貯めたり・使えたりすることができます。

[台湾でPontaポイントを貯めたり・使えたりできる店舗一覧]

台湾で貯めたポイントは、日本のPontaポイントに自動的に交換され、日本国内のPonta加盟店で使うこともできます。

注意点は、プラスチックカードの「Pontaカード」では貯めたり・使えたりするサービスは提供されていません。また、ローソンアプリなどに搭載されているデジタルPontaカードも利用できまぜん。必ず公式アプリを使ってください。


■グアムでは「dポイントカード」を忘れずに!

2017年6月に開始したのがグアムでのdポイントサービスです。Tギャラリア グアム by DFSやコンチャラウンジ/ツアーデスクなどで貯まります。

[グアムでdポイントを貯めたり・使えたりできる店舗一覧]

現在はグアムのみとなっていますが、今後他の国にも拡大予定とのことです。

貯め方、使い方はTカードと同じようにレジで処理するパターンと専用カウンターで処理するパターンの2パターンとなります。


■高額ポイントゲットも
免税店の「ロッテ免税店」や「Tギャラリア」でのポイントは高額となる場合が多いです。専用カウンターなどで処理が必要な場合もありますが、必ず獲得するようにしましょう。

グアムでは、日本のように店頭で「Tカード使えます!」のようなステッカーは見かけませんでしたので、知っているのと知っていないのでは大きなポイントの差になります。
(文:菊地 崇仁)

関連記事(外部サイト)