あなたが気付いていない口臭の原因

あなたが気付いていない口臭の原因

誰もが気にしたことのある自分の口臭。毎日の生活の中で口臭を気にしては、楽しく過ごせませんね。今回はあなたが気付いていない口臭の原因や、予防、対策を審美歯科ドクターの私がご紹介します


■口臭の原因は歯のどこにある?

「食後に毎回歯を磨いているのに、口臭が気になるのはなぜ?」と患者さんに相談されることがよくあります。たしかに口臭を防ぐために、歯磨きはかかせません。しかし、ただ何度も歯を磨けば良いってものじゃないのです。むしろ、歯を磨きすぎて口臭が増えてしまうことだってあります。

今回は、口臭の原因と正しい対処方法、口臭対策に必須なグッズについてご説明いたします。


■舌の上は清潔?不潔?

口の中で口臭原因のほとんどだと言われている<舌苔>をご存知でしょうか。舌苔とは、食べ物のカスや口内の細かい皮膚やたんぱく質の成分が舌の上にこびりついたものです。鏡を持って正面を向いて、舌をべーっと出してみてください。舌が白い方は超注意!

舌苔が舌の上にこびりつき、口臭の原因になっている可能性があります。なぜ、舌苔が悪臭を放つのかというと、分解されたたんぱく質の成分から卵の腐ったような臭いや魚が腐った臭いのガスが発生するからです。

よって、歯磨きをいくら丁寧にしたところで、舌苔がべったりとついていたら不潔になってしまいますね。舌苔の溜まり方はひとそれぞれです。舌の形や食事の仕方などによります。もし、お口の中がネバネバしたり、口臭が気になったりした際は、舌苔をチェックしてみてください。


■べったり張り付いた舌苔は優しく落として!

口臭の原因となる舌苔の落とし方をご紹介します。最近では、舌苔を落とすグッズがいろいろ売っています。「舌ブラシ」といって、舌の形に合わせて舌ブラシをすべらせるだけで舌苔を容易にとることができます。また、舌ブラシでなくても、赤ちゃん用に作られた毛先が柔らかい歯ブラシで、舌苔をとるのもよいでしょう。

その時の使用ポイントとしては、ブラシの先端をしっかり水でぬらすことです。みずでぬらすことによって、舌の上でのすべりがよくなり、舌の表面を傷つきにくくしてくれます。きれいになりそう、すっきりしそうだからと言って、歯磨き粉を付けて舌を磨くのだけは絶対にNGです。なぜかというと、歯磨き粉に含まれている研磨剤が、やわらかい舌の上を傷つけ炎症を引き起こし、余計に舌苔をつきやすくしてしまうから。
私のイチオシはめん棒を使用する方法です。水にぬらしためん棒でやさしく舌の上をなぞるだけで、繊維の細かいめん棒が舌の上の汚れをからめとってくれます。また、柔らかい素材でできているので舌を傷つけることがありません。お化粧ポーチに数本忍ばせておくだけで、とっても良い働きをしますよ。


■歯の隙間は大丈夫?

歯の表面をゴシゴシ磨いても、なんだかお口の中がさっぱりしない……口臭が気になる……なんて思っている方! 歯の隙間のケアは大丈夫でしょうか。歯ブラシでどんなに丁寧に歯を磨いても、全体の半分しか歯垢を落とすことができないと言われています。隙間には口臭の原因となる臭いの素となる歯垢がたくさん隠れているのですね。

そんな隙間の汚れを落とす道具がデンタルフロスです。アメリカではほとんどの家庭が歯ブラシとデンタルフロスを併用して歯の汚れを落としています。さすが美歯大国! 私もデンタルフロスを使用してからは、歯ブラシと共に歯磨きタイムのマストアイテムとなりました。

デンタルフロスを使用したことのない方は是非一度使ってみてくださいね。初めて使った方は、隙間にたまっていた汚れの多さに衝撃をうけるはずです。また、最近はデンタルフロスの種類が本当に豊富です。ワックスがついていてすべりが良く使いやすいものや、とっても細く作られていて狭い歯間にもフィットするものまで。色々な商品を見ているだけで楽しくなりますよ。歯ブラシとデンタルフロスを併用するとお口の中の汚れをほとんど落とすことができるそうです。


■お好みのデンタルフロスを選んで!

デンタルフロスは2種類にわけられます。糸を自分で適当な長さに切って使うものと、ホルダーに糸がくっついているものがあります。

自分で長さを切るものは、指の先から肘までの長さくらいたっぷりと使うのがおすすめ。指に巻きつけ、歯と歯の間にゆっくりと入れます。この時に、歯の横についた汚れを擦るようなイメージで糸を左右に動かすと良いでしょう。ホルダータイプも同じです。

また、注意しなければいけないのは、力を入れて無理に歯間にねじこんではいけないこと。柔らかい歯肉を傷つける恐れがあるので、優しくゆっくり使用しましょうね。糸を切って使うものとホルダータイプは値段に多少の違いはありますが、働きは同じです。一度使ってみて使いやすいほうを選んでくださいね。

■口を乾かすのは臭いの元!常に潤して。

お口の中を清潔に保つのに唾液は必須です。唾液は天然のデンタルリンス!唾液がきっちりとでていると口臭の元になる舌苔や細菌、歯垢を洗い流してくれます。お口はなるべく乾かさないほうが良いでしょう。ストレスや疲れがたまると唾液の量が減りますので、口臭を防ぐにはリラックスすることも必要ですね。

それでも唾液量が少ない場合は、うがいをしたり舌やお口を意識的に動かしたりするのも良いでしょう。特に女性に気を付けてほしいのは無理なダイエット。痩せたい→食べない→噛まない→唾液がでないという流れは、唾液を出しにくくし、口臭の原因となります。そういったときはドライフルーツやナッツを食べて、お口の中を潤してくださいね。


■口臭を気にしすぎは注意!

自分の息が臭うのでないか……と常に口臭が気になり、人とのコミュニケーションがうまくいかず、生活にも支障が出てしまう人が最近は少なくないそうです。気にしすぎてしまうとストレスが溜まって唾液の量が減り、口臭が出てきてしまう場合もあります。きっちりとケアをすれば上手にコントロールするのが一番!それでも気になる場合は、口臭外来のある病院で一度診てもらうと安心しますよ。

自分の息に自信を持って、素敵なスマイルを手に入れてくださいね。
(文:石井 さとこ)

関連記事(外部サイト)