高齢世帯の貯蓄平均額は2430万円、中央値は1547万円 5000万円の貯蓄でも不足か

記事まとめ

  • 総務省の「家計調査年報(平成27年)」、高齢者世帯の貯蓄残高の平均額は2430万円
  • 貯蓄額の低い世帯から高い世帯へ順番に並べたときの中央値で見ると、1547万円に
  • 医療・介護費用も考えると、5000万円の貯蓄があっても足りないとの試算もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております