「キレる高齢者」の問題が増加 インターネットなど社会の急激な変化に適応できず?

記事まとめ

  • 『犯罪白書』によると2015年の刑法犯の年齢層別の成人検挙人数は65歳以上が最も多い
  • 「キレる高齢者」が増える背景には「社会の急激な変化」によるストレスもあるという
  • 特にITの知識になじみにくい高齢者にとっては、生きにくさを感じる時代となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております