インフルエンザの主な症状は発熱 小児の場合は解熱剤使用でインフルエンザ脳症の恐れ

記事まとめ

  • インフルエンザの症状は咳、喉の痛み、発熱などで、最も特徴的なのは体温上昇の程度だ
  • インフルエンザの場合、発熱するとすぐに38度を越え朝から高熱の場合は要注意だという
  • 高熱症状で小児の場合は解熱剤を使うと、インフルエンザ脳症のきっかけになる可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております