年収350万円の人が将来もらえる年金額は?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 年収350万円の人が将来の年金額は、65歳から年間156万3150円を受け取れる。
  • 計算式は平成15年4月以降で、平均報酬額29万2000円の人が22歳から60歳まで加入した場合をもとにした。
  • 厚生年金加入期間が20年以上ある人は、配偶者年金も上乗せできるとのことだった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

年収350万円の人が将来もらえる年金額は?

年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回はずっと年収350万円の人は、将来、年金をいくらもらえるのかについてです。

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。

今回はずっと年収350万円の人は、将来、年金をいくらもらえるのかについてです。


■Q:年収350万円の人が将来もらえる年金額は?
「ずっと年収がこのまま350万円だとしたら、将来、年金をいくらぐらいもらえますか? お教えください」(会社員・26歳)


■A:65歳から、年間156万3150円の年金を受け取れます
厚生年金の加入期間がある人は、原則65歳になると老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金を受け取ることができます。相談者のような年収350万円の会社員の人は、厚生年金の加入者になります。

今回は、相談者を2023年(令和5年)現在26歳、1997年(平成9年)生まれの方とし、22歳から60歳まで(38年間:456カ月)、年収350万円(ボーナス込み、平均標準報酬額29万2000円)で、厚生年金に加入した場合で計算してみたいと思います。

また、相談者は20歳から厚生年金に加入するまでの期間は、国民年金に加入しており、未納期間・免除期間がないこととします。この場合、老齢基礎年金は満額の79万5000円(令和5年度)が受け取れます。

老齢厚生年金の受給額を計算するには、2003年(平成15年)3月までと平成15年4月以降では、計算式が違います。相談者は2019年(令和元年)から厚生年金加入となりますので、平成15年4月以降の計算式を用います。

老齢厚生年金(報酬比例部分)の計算式は以下となります。

平均標準報酬額×5.769/1000×平成15年4月以降の厚生年金加入期間(※)

※従前額保障での計算方法。スライド率等については省略。乗率は、昭和21年4月2日以降生まれに適用されるものを使います。平均標準報酬額とは、各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額のことです

相談者の年金額を計算してみます。
【1】老齢厚生年金の報酬比例部分:29万2000円×5.769/1000×456カ月≒年間76万8150円
【2】老齢基礎年金:年間79万5000円
【3】【1】老齢厚生年金76万8150円+【2】老齢基礎年金79万5000円=年間156万3150円

したがって、38年間、ずっと年収350万円の人は、65歳からおよそ年額156万3150円(約月額13万260円)の年金を受け取ることができます。

また、2023年(令和5年)現在、厚生年金の加入期間が20年以上あると、要件を満たす配偶者がいる場合に、配偶者が65歳になるまで配偶者加給年金額が上乗せしてもらえることになります。

監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)

都市銀行や保険会社、保険代理店での業務経験を通じて、CFP、証券外務員の資格を取得。相談業務やマネーセミナーの講師、資格本の編集等に従事。日本FP協会の埼玉支部においてFP活動を行っている。
(文:All About 編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?