「アテネ不眠尺度」で不眠をチェック うつ病や睡眠時無呼吸症候群など病気の可能性も

記事まとめ

  • 世界標準の不眠チェック方法にWHOが中心となって作った「アテネ不眠尺度」がある
  • 4点以上の場合は不眠症の疑いがあり、6点以上は睡眠障害の専門医の診察が必要とのこと
  • 睡眠時無呼吸症候群、高血圧や肥満、むずむず脚症候群、うつ病などが原因のことも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております