徹夜で勉強や仕事の能率上らず、体にもダメージ 脳に定着させたいなら十分な睡眠を

記事まとめ

  • 17時間以上起きていると作業能率は「酒気帯び運転」のアルコール濃度と同じレベルに
  • 徹夜は体にも大きなダメージを与え、生体リズムが狂うため睡眠障害を起こす恐れも
  • 眠気に打ち勝つには、積極的な会話で脳を活性化させることや20分ほどの仮眠が有効

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております