子どもが素直になる叱り方

子どもが素直になる叱り方

子どもが悪さをしたとき、あるいは失敗した時「どうしてこんなことしたの!」と叱っていませんか? 子どもの正直な思いを聞きたい時、「どうして」「なぜ」は使わない方がいいのです。


■叱る時には使わない方がいい「どうして」「なぜ」
子どもが悪さをしたとき、あるいは失敗した時「どうしてこんなことしたの!」と怒っていませんか?「なぜこんなことになったの?」と問いつめていませんか。

理由を聞きたいこと、ありますよね。ただ、「怒られる!」と子どもが思っているタイミングで「どうして」「なぜ」を使うと、子どもは理由を話しづらくなります。子どもの正直な思いを聞きたい時、「どうして」や「なぜ」は使わない方がいいのです。


■「Iメッセージ」と「Youメッセージ」
私たちが使う言葉には、「I(アイ)メッセージ」と、「Youメッセージ」があります。

Iメッセージとは、「私はこう思う」とか「私はこんなふうに感じた(悲しい、がっかりした)」など、自分はどうなのか、どう感じているのかを「私(I)」を主語にして話す話し方です。

一方、Youメッセージは「You(あなた)」が主語になります。極端な例だと「お前はバカだ」などですね。「あなたは優秀ね」とほめたつもりでも、決めつけるニュアンスがあって、言われた方は微妙な気持ちになってしまうことも少なくありません。

「どうして」「なぜ」は、英語に直すと「You」が主語になります。「どうしてこんなことしたの?」は「どうして(あなたは)こんなことをしたの?」ということですし、「なぜこうなったの?」も「なぜこうなったと(あなたは)思っているの?」ということです。

気の置けない友だちから冗談交じりに「あんたって昔からそうよね〜」などと言われても、愛を感じこそすれ、いやな気分にはならないかもしれません。

でも、仕事でミスをしたタイミングで、苦手な上司から「あなたはいつもそうね」と言われるとどうでしょう。「(あなたは)前もやったよね」と言われるとどうでしょう。「どうして(あなたは)毎回同じミスをするの?」と聴かれたら、萎縮してしまいませんか。


■否定的な文脈で「Youメッセージ」は使わない
理由を知りたかっただけだったとしても、相手が「しまった!」と思っている時に「Youメッセージ」を使うと、言われたほうは「責められた」「批判された」と感じて、話を素直に聴けなくなります。それを、コミュニケーションにおける「心理的ノイズ」と言います。

子育てだけではなく、普段の生活でも、主語を「私」にすることを意識すると、コミュニケーションはスムーズになります。

「Youメッセージ」は「Iメッセージ」に変換できます。ただ、少々トレーニングが必要です。


■【NG例1】「どうしてもっと早く言わないの?」 
言っちゃいますよね。学校から配られたお知らせのプリントを「どうしてもっと早く渡さないの?」とか、「なぜもっと早く起きられないの?」とか。

この場合は、「もっと早く」してくれていたら、どうなっていたかを考えましょう。

たとえば、「もっと早く言ってくれたら助かるんだけどな」とか「もっと早く起きたらゆっくり準備できると思うけど、どう思う?」とか。

そんなの、まどろっこしくて言えない!と思う人も多いでしょうが、これは丁寧に伝える時のバージョンです。このような言い方があると知っていれば、自ずと言い方は変わってきます。


■【NG例2】「こんな時間まで、何してたの?」 
約束の時間や門限に子どもが遅れたとき、親はついついイライラして怒ってしまいます。でも、どうしたのかな?という心配な気持ちもあったはず。その気持ちをまず伝えましょう。

「何かあったのかと心配したよ。遅れた理由を教えて?」とかはどうでしょう。頭ごなしに怒る感じではないので、子どもも素直に自分の非を認めることができます。


■【NG例3】「何回言ったらわかるわけ?」 
何度言っても子どもが言うことを聞いてくれないとき、ありますよね。そういう時は、こちらの気持ちが十分に伝わっていない可能性が大です。

「大事なことだから、1回で覚えてくれる?」と、「こうしてほしい」という気持ちを伝えましょう。

また、何度も同じ失敗を繰り返している場合は「どこがわからないのか教えてくれる?」と、なぜ何度も言わなければならなくなっているのか、原因を一緒に考えるのもいいですね。

人との関係は、言葉の使い方ひとつで変わってきます。

「Iメッセージ」は、相手を尊重しながら、自分の気持ちを率直に伝える「技術」です。子育てに限らず、職場や地域などでのコミュニケーションを円滑にするためにも使えますので、ぜひマスターしてください。
(文:福田 由紀子)

関連記事(外部サイト)