インターネット依存症で脳内の「白質」に異常も アルコールなど薬物依存と類似の変化

記事まとめ

  • インターネットが普及して20年、インターネット依存症が一部で深刻な問題になっている
  • アメリカでは研究段階の診断名として「インターネットゲーム障害」という病名を追加
  • インターネットに依存すると、薬物依存の場合と類似の変化が脳内に現われると報告も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております