大人の女性が卒業するべき「幼稚な恋愛」

大人の女性が卒業するべき「幼稚な恋愛」

20代の女性と40代の女性では、恋愛への向き合い方も違えば恋愛対象としての見られ方も変化します。いつまでも若いつもりの振る舞いでは「イタイ」と思われてしまうかも。


■「恋愛スキルと年齢は比例しない」と言うけれど
みんなが同じように習得する学校の勉強とは違い、恋愛はスタートラインも人それぞれ違えば、スキルアップ具合も異なるもの。多くの男性とつき合ったからといって、恋愛上手とも限りません。たった一人の男性とつき合ってそのまま結婚し、幸せに暮らす女性もいます。

あなたが現在アラフォーならば、おそらく同世代の男性からは「ある程度恋愛経験がある」と思われていることでしょう。勝手な先入観で「大人の女性なら男心に理解があるはず」と期待する男性もいます。

たとえあなたが年齢を相手に告げていなくても、男性は外見や会話から少なくとも「自分より年上か同年代か年下か」を推測します。そこで男性が想像する女性の恋愛スキルよりもあなたの態度や言動や振る舞いが幼かったら、 相手は引いてしまうかも。


■幼稚な恋愛、していませんか?
恋愛において、20代の女性なら許されるのにアラフォーだと「いい歳して」と呆れられてしまうのは、どんな事柄でしょうか。


■受け身すぎ、相手に任せすぎ
一昔前ならば「男性たるもの、女性をリードすべき」な風潮もありましたが、今は恋愛に限らず「男女ともフェア」という考え方が主流です。たとえ恋愛経験が少なくても、大人の女性であれば「いい人間関係を築くプロセス」は理解しているはず。恋愛ばかりが特別ではありません。

デートプランもふたりで決めればいいし、どちらがデートに誘ってもOK。関係を深めるタイミングやプロポーズでさえ「今がベスト」だと思うならば、あなたのほうから切り出してみればいいのです。

相手任せの恋愛は、責任もすべて相手に委ねてしまいがち。後になって「そんなつもりじゃなかった」と彼を責めるのは、大人げない行為です。あなたは従順な犬ではありません。たとえ相手が強引に決めたことでも、合意した時点で共同責任です。自身の行動や言動には責任を持ちましょう。


■「恋人100%」になってしまう
恋人ができた途端、友達づき合いが悪くなったり、プライベートをすべて彼中心にしてしまうのは、恋愛初心者によくあること。いくらあなたが「恋人のいる生活」に慣れていなくても、自我を見失ったり自己を犠牲にしてまで彼一色に染まってしまうのは、大人らしくありません。

恋人とつき合う以前、あなたにはあなた自身の生活があったはず。恋人とのつき合いに応じて生活スタイルを変えるのは悪いことではありませんが、すべて彼優先で他をおろそかにしてしまったら、生活に支障が出ないとも限りません。

何でも彼の言いなり、すべて彼の好み、彼のいない生活なんて考えられない……そんな風になってしまった「あなた」は、彼にとって魅力的でしょうか? 好きな人の影響を受けるのは自然であり、素敵なこと。でも、大人ならば、いいと思ったものを上手に取り入れ、自分らしさも失わないよう心がけましょう。


■連絡頻度で相手の愛情を図る
若い子の悩みでよくある「LINEの既読スルー」問題。恋人の返信の遅さにイライラしたり、「変なこと言っちゃったかな」といちいち気にしたり、ましてやLINEのやりとりひとつで「もう別れたほうがいいのかも……」などと、話を大仰にするようでは、幼稚だと思われても仕方がありません。

仕事が忙しくなかなか返事ができない、用件以外にLINEするほどマメではない……など、相手の事情やタイプを理解して。大人ならば、心に余裕を持ちましょう。


■理想ばかり追って現実を顧みない
芸能人の豪華な結婚式や結婚生活に憧れたり、幸せそうな先輩カップルを基準に「こんな恋愛がしたい」と理想を描くのはその人の自由。

しかし、たとえばサラリーマンの恋人に100万円以上するプレゼントをおねだりしたり、自身のライフプランに固執して「結婚は1年後」「交際半年記念はホテルのスイート」などと無理な要求を押しつけたら、彼はうんざりしてしまうかも。

「インスタ映え」などのSNSマウンティングを狙ったデートばかりをリクエストするのも考えもの。ふたりの恋愛は、他人に自慢するためのものではありません。乗ってくれる彼なら多少はOKですが、大人としては「外交」よりふたりの時間を楽しむほうにエネルギーを注ぎたいところ。


■他人の恋人と比べてしまう
「友達の彼氏は疲れていても会いにきてくれるのに!」「同僚は交際半年でプロポーズされたって!」……そんな周囲のノロケ話を羨ましがったあげく、「そうしてもらえない私は、彼に愛されていないのでは……」と思い込む。

いくつになっても自分と他人の区別ができないのは幼い証拠。恋愛に限らず、他人と比較して自身の「足りなさ」ばかりに注目していたら、いつまでも幸せになれないでしょう。


■年齢差は意識しなくても、自身の重ねた年齢は忘れずに
以上、大人の女性がやるとイタイ、卒業したい幼稚な恋愛にありがちな例を挙げました。

恋人同士はフェアな関係であり、対等であってこそうまくいきます。例え、恋人の年齢が若くても、ふたりの間では年齢差を意識せずにいられたほうが幸せです。

しかし、恋人があなたの年齢を知っている以上、重ねた歳相応の「大人らしさ」は期待しているはず。大人なのに若い女子と変わらない振る舞いや、あまりに幼稚な行動をとっていたら、失望されてしまうかも。

外見の若さは高評価につながりますが、中身の幼稚さはマイナス評価になりかねません。大人の女性の魅力は、重ねた年齢ぶん成熟した心の豊かさや考え方に表れるのです。
(文:島田 佳奈(恋愛ガイド))

関連記事(外部サイト)