もしかして、私って「都合の良い女」?

もしかして、私って「都合の良い女」?

肉体関係はあるけど、恋人にしてくれない。もしくは長く付き合った彼が、結婚してくれない……「私って、都合の良い女なの?」こんな悩みをよく聞くものです。


■私って、都合の良い女?
肉体関係はあるけど、恋人にしてくれない。もしくは長く付き合った彼が、結婚してくれない。

「私って、都合の良い女なの?」

こんな悩みをよく聞くものです。もちろん一般的には“都合の良い女”とも言われるものですが、もしかしたら、彼にとっては“都合の悪い女”かもしれませんよ?


■なぜ、恋人(奥さん)にしてくれないの?
そもそも人は、別れることで自分の都合が悪ければ、間違いなく、付き合うし、「結婚して欲しい」と言い出すものです。

簡単なことを言えば、愛していれば、付き合うし、結婚もする。

だから、「相手が悪い」といってしまうのは簡単ですが、それだけ相手にとって、“自分だけのものにしておきたい魅力”を自分がもっていたのかどうか、その方が実は問題だったりします。

このときに重要なのは、「相手は、あなたの“何が”都合悪くて、付き合ってくれないのか? 結婚してくれないのか?」を知ることです。


■あなたの“何が”都合悪い?
人によって、都合が悪いと思うことには、ルックス、年齢、職業、相性、愛情など色々な要因があると思います。

相手が求めているものはなんですか?

もし彼と本当に付き合いたい&結婚したいのであれば、できることは改善しましょう。

ただ、もし彼が、職業やルックスなど、上っ面の魅力だけを重視するのであれば、相手がいかに“つまらない価値観を持っている”かということ、 そして、自分の“見る目のなさ”も理解しましょう。

また、年齢など、自分では改善できないことや、自分らしさをなくさせるようなものであれば、「縁がない」と思って諦めなくてはいけないこともあります。

でも、いくら都合が悪いところがあっても、それを上回る“都合の良いところ”があれば、彼にとって、「付き合わない(結婚しない)と都合が悪い!」と思わせることもできます。


■相手にとって、“別れたら都合の悪い女”になる。
例えば、一般的に「男の胃袋を掴め!」と言われるのも、「彼女と結婚したら、毎日美味しいものが食べられる!」という、都合の良さを感じるからこそ、男性は結婚したがるということもあるものです。料理の腕を磨いて、彼のために美味しい料理を、愛情込めて作ることで、胃袋と一緒に心を掴むことだってあるでしょう。

また相手にとって「良き理解者」になることも大切です。

例えば、

・相手の素敵なところを褒める(※ただし、お世辞はNG)。
・相手の話を楽しそうに聞く。
・どんなときも、相手のことを信頼する。
・相手を肯定しつつも、良き助言をする。

こういった行動をとっていたら、相手にとって別れたくない人になります。

特に上の3つは、相手に自己重要感を与えることができます。

人は誰でも、自分は重要な人なんだと、自信を持たせてくれる人のことは大切にします。そういう人は自分の傍にいてほしいものなのです。

だから、反対のことを言うと、

・口うるさく説教する。
・あら探しをする。
・信じない。
・相手を自分の理想に変えようとする。

などの行動をとると、「パートナーにしたくない」と思うことも多いので、ご注意を!


■人は都合が良ければ付き合うし、結婚する!
結局人は、都合が良ければ付き合うし、結婚します(※この都合というのは、「愛している」ことも含む)

彼が付き合ってくれない(結婚してくれない)ときに、「相手が悪い!」だけで片付けてしまうと、今後の対策もできないし、先には進めません。だから、「私は都合の良い女?」と被害者意識を持つ前に、

・相手にとって都合の良くないところは何か?
・自分に、相手の本質を見る目はあるのか?
・相手にとって、自分は本当の意味で都合の良い人なのか?(良き理解者か?など)

をよく考えてみることは、大切です。

ある意味、“都合の良い女”になりましょう!

余談ですが、付き合う前にHをするのは、遊びの関係になりやすいので、気をつけましょう。“軽い女性”という印象を与えてしまうと、それが相手にとっての“都合の悪さ”になることは多いです。ただ、そうなってしまったときでも、本当は真面目であるという印象を与えたり、彼の心を掴めたら、恋人になれる可能性はあります。
(文:ひかり(恋愛ガイド))

関連記事(外部サイト)