貯金はわずか数十万円。絶望的な赤字家計からの脱出法

貯金はわずか数十万円。絶望的な赤字家計からの脱出法

マネーコンサルタントとしてお金に関するアドバイスや講演活動を行う市居愛さんですが、実はほんの数年前まで、「無頓着」「無計画」「どんぶり勘定」という典型的なズボラ家計に陥っていたといいます。彼女を変えたきっかけ、その道のりを伺いました


■夫婦で失業、無収入に。赤字家計から脱出を決意
家計簿はいつも3日坊主。財布にお金がなくなるとその都度にダッシュ。毎月、何にいくら使っているのか把握できていない。月末にくるカードの明細書を見て焦る――「どんぶり勘定」「無計画」「無頓着」という典型的なズボラ家計。それが、数年前の市居愛さんの姿でした。現在はマネーコンサルタントとしてお金に関するアドバイスや講演活動を行う市居さんですが、何が彼女を変えたのか。そのきっかけから、どんぶり家計脱却までの道のりを伺いました。

「夫婦共働きで子どももいなかったので、お互い買いたいときに好きなものを買うというスタイル。実は食費にいくら使っているのかさえ把握していませんでした。とはいえ、共働きなのに貯金が一向に増えず、常にお金の不安に駆られていました」

そんな彼女を変えたのは、皮肉にも家計にふりかかった大きな危機がきっかけでした。31歳の時、仕事と育児に追われて心身のバランスを崩し、メニエール病を患ってしまった市居さん。仕事を続けることが難しくなって退職することにしたものの、同時期に夫の会社が倒産――。夫婦で職を失い、無収入状態のピンチに陥りました。

「しかも当時、マンションを購入したばかりで手持ちのキャッシュはわずか数十万円。小さな子どもを抱え、絶望感でいっぱい。これからどうしようかと途方に暮れていました」

窮地に陥り、初めて自分の家計を見つめ直したところ、荒地のような状態に愕然としたといいます。


■財布の整頓でレシートを捨て、クレジットカードは1枚に
「レシートでパンパンになったボロボロの財布には、いくら入っているか、カードが何枚あるのかすら分からない。8冊あった通帳のほとんどは休眠口座……。冷蔵庫の食材も把握できていない。すべてが散らかり、雑然としていました。これでは貯まるはずがありません。蛇口の栓が空いたまま、一生懸命に水をためている状態だと気付いたんです」

まずは身近なところから整備しようと、「財布の整理」に着手。札の間に挟まっていた大量のレシートを捨て、クレジットカードは1枚に、ポイントカードも3枚まで厳選。金額の大きな札から手前に配置し、財布のなかがひと目で見渡せるようにスッキリ整えることに。さらに、お金の出入りを分かりやすくするために休眠口座を解約し、使う通帳を1冊に絞りました。

「“お金の通り道”をシンプルに整えることで、あれほど苦手だった家計管理が一気にラクになり、お金と向き合う自信が生まれました」

支出の管理は手帳を活用。「性格的に家計簿は続かないと分かっていたので、費目の予算は特に決めず、月7万円の予算でやりくりし、手帳で支出を管理するようにしました」

お金の通り道を整えたことで、「漠然としたお金の不安から解消された」という市居さん。おのずと思考もシンプルになり、無駄なものを持たないという暮らしのルールも生まれました。

「以前は、“面倒くさい”が口癖だったけれど、混乱していた“お金の通り道”をひとつひとつ整えていくことで家計も心も整っていきました。集中できる心を手に入れたことで、仕事にも没頭できるようになり、今の私がいます。お金を整えることは、人生を整えることにも繋がるのだと実感しています」

教えてくれたのは……
市居 愛さん

1976年生まれ。株式会社マザーミー代表取締役。会社員時代に体調を崩して退社したことをきっかけにお金について考えるように。それにより、稼ぐことより、お金の通り道を整えることが一番大事だと実感し、2016年に『お金を整える』を出版。現在、主婦をメインにお金の悩みを解消するコンサルティングや起業支援アドバイスなどを実施。最新著に『ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法』(サンマーク出版)。

取材・文/西尾英子
(文:あるじゃん 編集部)

関連記事(外部サイト)