優しい人はお金が貯まらない!断り方のコツ

優しい人はお金が貯まらない!断り方のコツ

あなたの品格を保ち、相手を傷つけることなくお断りすることは、自分のためだけでなく、相手に迷惑をかけないためにも大事です。相手が納得する、一流の『お断り法』を伝授いたします


■お金よりストレスが貯まっていたら要注意
お金の個別相談で悩みを聞いていると、収入とは別のところに大きな問題が隠れていることがしばしばあります。みなさんに共通しているのは、とても優しくていい人だということ!


■あなたも思い当たりませんか?お金を使ってしまう理由
・人をがっかりさせたくない
・人に喜んでもらいたい
・いい物なら長く使えるはずだ
・どうせ買うならまとめて買った方がいい
・せっかくの誘いは無理をしても乗る
・いつも相手の立場に立って考える
・こんな物も買えないの?と思われたくない
・ケチと思われたくない
・お金が無いようだと思われたくない

収入が多くても、使えるお金には限りがあります。この断れない人たちに今必要ではない物の支出について理由を尋ねると、こんな理由が返ってくることがあります。

「何も買わずに店を出るのは悪い気がして」
「付き合いで断れなくて」
「滅多に予約の取れないお店のディナーに誘われて」
「一緒に習い事をさせようと、ママ友に誘われて」
「2枚買うと安くなると言われて」
「『何にでも合います』と勧められ、試着をするうちに何となく断れなくて」
「顧客向けのバーゲンで、何も買わない訳にいかなかったので」

断れない人は、必要がない支出でも優先すべきは自分の予算ではなく、自分がどう思われるかだと思っています。そのため、いい人だと思われる代償に『あ〜あ、買っちゃった』『今月も知らない間にお金が無くなっている』と思い、クレジットカードの請求を見た時に後悔し、後でストレスを感じることになります。

決して『イヤな人になって下さい』『お付き合いをやめましょう』と言うつもりはありませんが、自分のお金に対して自分で主導権を握るために、覚えておきたいポイントご紹介します。


■お金ではなく時間の方が大切と考える
断れない人は、お金よりももっと大切な時間を失っていることに気づきましょう。お金なら頑張って働けばまた来月入ってきますが、今月の時間はもう戻ってきません。義理で行くランチの時間、あれこれ試着する時間、必要もない化粧品について説明を受ける時間! さらに、どうしようか?と考える時間、断ったら相手が気分を害するんじゃないかしら?と悩む時間。買った後で、断れば良かったと後悔する時間。

どうですか、意外と多くの時間を使っていますね。人生は時間で出来ています。お金を断る理由にしてしまうとなかなか断れない人も、時間を理由にすると、また考え方がかわり、断れる人になれるケースが多いのです。

お金を理由にすると……
「お金がない人って思われないかしら?」
「ケチだと思われないかしら?」
「もう誘ってもらえないのでは?」
こんな不安から断れない人になってしまいます。ところが、

時間を理由にすると……
「忙しいからしょうがないと思ってもらえる」
「大変だね、頑張って!と応援してもらえる」
「また、今度誘ってねと、気軽に言える」

あなたは、お金が無くて断るのではありません。お金は働けばなんとかなるので、お誘いや店員さんのおすすめを受け入れることも出来るのですが、断る本当の理由は

自分の時間を他に使いたい物があるからだと覚えておきましょう。

これがわかれば、市場調査員やトレンドウオッチャーでもないのに、用も無くコンビニに寄ったりしなくてもいいわけです。


■断りの美学
一流の「お断り法」なら、相手が気分を害するどころか、あなたの価値を高めることも出来ます。

どんな、誘いやお買い物も、「Thank you. But」です。まず、
「ありがとう。せっかくのお誘いだけど……」
「本当にたくさん見せていただき、ありがとうございました」
と必ずお礼を言いましょう。そして、この後に来るのは、どんな言葉がいいでしょう?


■お友達の誘いの断り方
「先約があって」
「研修を受けることになっているの」
「お金のセミナーに申し込んでいるの!」
「久しぶりに家族と出かける用があって」「お部屋の模様替えを考えていて、家具を見に行く予定」
「大掃除の予定」
などがいいでしょう。


■おけいこごとなどの誘いの断り方
「いい情報ありがとう!うちは、まだ体力作り第一が、教育方針なの。だから毎週温水プールで俺が教える!って、この前もパパが話していた所よ」と、なります。


■お店での断り方
「この色大好きで、同じ色を持っているので」
「あ〜、もっとゆっくり見たい。今日は時間がないのでまた来ます。その時なかったとしても、このお店ならきっとまたいい服に出会えそうだし」
「2枚買っても、大好きな方だけ着ちゃうので、大好きなこっちだけもらいますね」

一流の断り法は、相手の非を理由に断ったりしません。例えば、「ここが汚れているから」「この色が暗いから」「ちょっと安っぽい」「ワンシーズン前なんでしょ」等々。これでは、相手を不愉快にさせてしまいます。相手の気分を害さないために、まずは相手のお勧めの素晴らしさを認めてから、お断りしましょう。


■断るならすぐに!
お友達からメールが来て、一度「行きます」「行けたら連絡します」と言った後で断るのは、もっとパワーが要ります。メールを見た時に、きっとあなたの中では断るセリフを探しているはず。その場でメールを打ちましょう。時間が経てば経つほど、断りづらくなるし、相手も困ります。

ウインドウショッピングなら、「今日は誕生日にもらう物の下見です」とか「サンタに何をお願いしようかと思って」と先に言っておくと、今日は買わないけれど大切なお客様になれます。ふらっと入ったお店は長居をせず、お店を出る時に、「また見せていただきます」と軽くあいさつをするか、会釈をして出ます。

いかがでしたか? 断れないあなた。家計簿の中からすこしでも、義理の買い物や不本意な買い物が減ることを願っております!
(文:山口 京子(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)