会社を辞めたいと思ったときの金持ち体質流の考え方

会社を辞めたいと思ったときの金持ち体質流の考え方

会社を辞めたいと思ったときにはどう考えればいいのでしょうか。「この会社では成長できない理由」と「そう感じて当然だと言えるほどの実績を出している」が明確になっていれば、今後、よりステップアップするキャリア形成につながりやすいでしょう


■会社が認める実績を出しているかを振り返ってみる
優秀な人間が会社を辞めたいと思う理由は、「この会社では自分はもう成長できない」と感じたときです。

そのため、人材採用・育成・定着に戦略的な視点を持っている企業は、優秀な人材にはあえてエース級の上司の下につけたり、わざわざ彼らが納得する仕事をあてがったりします。中小企業でも時折「なんでこんな優秀なヤツがウチに」というほど「持っているモノが違う」人材が応募してくることがありますが、目端の利く社長はわざわざその人のためだけに仕事を用意して口説きます。

優秀な人材ほど仕事の内容や切磋琢磨できる環境を求め、転職しようとすると部署の異動や昇給昇格などで引き留められます。大手企業に入った優秀な人材があまり転職市場に出てこないのは、会社側がそうやって引き留め工作をしているからです。

何が言いたいかというと、「やりたいことをやらせてもらえない」という不満は、会社がまだその人を認めていないということ。仕事を辞めたいと思ったとき、「この会社では成長できない理由」と「そう感じて当然だと言えるほどの実績を出している」が明確になっていれば、よりステップアップするキャリア形成につながりやすいということ。

たまに新入社員で、「自分はこんな仕事をするためにこの会社に入ったのではない」「こういう仕事をやらせてください」などと、本人の希望と実力が見合っていない、つまり自分を客観評価できていない人がいます。このような自己評価がお粗末な精神の未熟な人物が辞めたいと言い出したとしても、会社側は条件を変更してまで引き留めようとはしないものです。そしてそんな人は、転職してもすぐに行き詰まり、また転職を繰り返すようになります。

もちろん、パワハラやモラハラが横行しているなど、精神を病むような環境からは1日も早く逃げ出す必要がありますが、「会社を辞めたい」と思ったときは、果たして自分は会社が認める実績を出しているかを振り返ってみることです。

不十分だと感じたなら、それはまだ不完全燃焼状態です。不完全燃焼がクセになると、どの場所へ行ってもまた逃げ出すことになりかねません。

そこで、何かの分野で社内トップを目指してみましょう。訪問件数でも電話を取るスピードでも、あいさつの元気さでも何でもよいので、「あいつは社内ナンバーワンだ」と誰もが認める行動を続け、それでもなお不満なら再度辞めることを考えても良いと思います。
(文:午堂 登紀雄(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)