不眠が続いて最後には死んでしまう恐ろしい病気もあり、それが「致死性家族性不眠症」

記事まとめ

  • 不眠が続いて最後には死んでしまう恐ろしい病気もあり、それが「致死性家族性不眠症」
  • 致死性家族性不眠症は珍しい病気でこれまでに判明した患者は、世界で27家系・57人
  • この病気は進行性でどんどん症状が重くなり、発病から8〜72カ月、平均18カ月で死ぬ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております