飾らなくなった雛人形の処分方法を紹介 「自治体などに寄贈」「神社で人形供養」など

記事まとめ

  • 雛人形はその子の魂が宿るといわれているため、生きている間は処分しない方がよいそう
  • そのまま処分するのに抵抗がある場合、神社やお寺で"人形供養"をしてからが推奨
  • ほかにも「自治体などに寄贈」「売る」「人に譲る」といった処分方法もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております