温水洗浄便座の使い過ぎは危険か 皮膚のバリア機能が低下し、かゆみなどの症状も

記事まとめ

  • 温水便座で洗浄し過ぎると、本来必要な肛門周囲の皮膚の皮脂まで過剰に洗い流すという
  • これにより皮膚のバリア機能が低下し、かぶれやかゆみなどの症状が起こることもある
  • 行き過ぎた清潔観念は、「温水洗浄便座症候群(ウォシュレット症候群)」に陥ることも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております