夜遅くに多くの量の食事をとってしまう「夜食症候群」 増加の背景に24時間店舗も

記事まとめ

  • 「夜食症候群」とは名前の通り、夜遅くに多くの量の食事をとってしまうことを指す
  • メタボリックシンドロームの原因にもなるため、厚生労働省も注意を呼びかけている
  • 残業後に食事をとる場合、魚の練り物、豆腐などタンパク質中心の食材が良いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております