35歳以上の初産を「高齢出産」50歳以上の出産は…?

日本では4人に1人が高齢出産 親が年齢を重ねている分、育児においてはメリットとも

記事まとめ

  • WHOは35歳以上の初産、40歳以上の経産を「高齢出産」と定義している
  • 厚労省の調査によると、現在は出産される方の4人に1人が高齢出産という時代だという
  • 親が年齢を重ねている分、精神的にも経済的にも安定していることが多く、メリットとも

35歳以上の初産を「高齢出産」50歳以上の出産は…?

35歳以上の初産を「高齢出産」50歳以上の出産は…?

国内外の高齢出産の定義、割合、何歳まで産めるのかといった基本データを挙げつつ、高齢出産のメリット・デメリットに対する考え方について解説します。


高齢出産の定義……高齢出産は何歳から? 超高齢出産とは
WHOは35歳以上の初産、40歳以上の経産を「高齢出産」と定義しています。日本では、日本産科婦人科学会が35歳以上の初産を「高齢出産」、50歳以上または閉経後の出産を「超高齢出産」と定義しています。


■高齢出産の最高年齢は? 海外では72歳の出産報道も
高齢出産については、国外も含めると様々な記録がありますが、数年前にはインドで72歳の女性の出産が報じられ話題になりました。これは世界的に見ても極めて珍しい例です。

なお、私自身が当院で実際に経験した自然妊娠の最高年齢は47歳でした。


■高齢出産は出産数全体の何割か……現在は4人に1人が高齢出産の時代
近年では、出産に占める高齢出産の割合は、よくいわれている通り増加傾向にあります。厚労省の調査によると、1990年代には高齢出産の割合は出産数全体の数%程度でしたが、2000年代には10%台、2010年代には20%台と上昇を続け、2016年には28%超を記録しています。

現在は、出産される方の4人に1人が高齢出産という時代なのです。


■高齢出産のメリット・デメリットの考え方
産む年齢を決めるのは産む本人なので、「高齢出産」と一括りにして良い・悪いをいえるものではありません。まずはそのことを念頭に置いていただければと思います。

それを前提とした上で「高齢出産のメリット」を挙げるならば、親が年齢を重ねている分、精神的にも経済的にも安定していることが多い点です。これは出産・育児においてのメリットであるといえるでしょう。

一方で、流産率が高くなる点や母体合併症が多くなる点は、医学的なデータからもデメリットとして挙げられます。年齢によっては子どもが成人するまで健康に見届けられない可能性が高くなることもデメリットということになるかもしれません。

いずれにしても、現時点で34歳以下の方、特に30歳未満の方は、高齢妊娠・高齢出産のデメリットや、そもそも年齢によって妊娠率が下がるという、データから読み取れる客観的事実は事実として正しく認識して、自分にとっての「ベストな産み時」を考えることが重要です。「高齢出産にならないようにしよう」と考えるのではなく、「私的にはいつがいいのか」を考えてライフプランを立てるようにしましょう。

一方、すでに35歳を過ぎていて、妊娠を考えている人は「なぜこのタイミングでの妊娠・出産が自分と赤ちゃんにとってベストタイミングなのか」を明確にすることが重要です。なぜ2年前ではなく、1年後でもなく「今」なのかの意味付けをすることで、その年齢で産むことに重要な価値が生まれるのです。
(文:清水 なほみ(産婦人科医))

関連記事(外部サイト)