15歳未満の小中学生の妊娠は年間約400件 9割近くが中絶するため出産に至る事例はまれ

記事まとめ

  • 高齢出産が注目を浴びる一方で、低年齢の子どもが妊娠するケースも少なからずある
  • 出産に関する統計はほとんどが15歳からだが、15歳未満の妊娠も年間約400件ほどある
  • 小中学生の出産自体は不可能ではないが、非常にリスクが高いと考えられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております