「ほどよくスキのある、親しみやすい女性になりたいです」

「ほどよくスキのある、親しみやすい女性になりたいです」

しっかりしすぎ、ガードが固そうだと言われがちな相談者さん。そこで、親しみやすいキャラクターに近づくために意識するといいことについてお話しします。


■オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに「島田佳奈さん」が答えます!
■島田佳奈さんプロフィール
「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー! 奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。


■お悩み:スキがあって親しみやすい女性になるには、どうしたらいいですか?
■ポメさん(31歳・医療事務)のお悩み
どこかスキがあって、親しみやすい女性って、男性ウケがすごくいいですよね。街コンや合コンに行くと、痛感します。

一方私は、たぶんスキがないタイプで、しっかりしすぎ、ガードが固そうだと言われることもあります。意識してそうしているつもりはないのですが、もともと人見知りで、人と仲良くなるのに時間がかかるほうなので、そう思われても仕方ないかなという感じです。

今より少しだけ、スキのある、親しみやすい感じになりたいのですが、どうしたらいいでしょうか。


■アドバイス1:スキが皆無な人なんていない
そもそも「スキがない」って、悪いことではないと思うんですけどね。でも、マイナスな意味で使われることのほうが多いから、そう言われて傷ついたり、変わりたいと思ったりする方もいるでしょう。

ただ1つ言えるのは、どんなにしっかりしていて、ガードが固そうな人でも、自宅で1人のときにはきっとスキがあるはず。そう考えたら、スキがない人なんていないはずなんです。


■アドバイス2:もっと周りに自己開示しよう
「スキがない」のは悪いことではないと言いましたが、なんとなく「一緒にいたら疲れそうだな」と相手に思わせてしまう、というデメリットはあるかもしれませんね。

ポメさんが変わったほうがいいところがあるとすれば、自宅で1人のときのような「あどけなさ」やちょっとした「だらしなさ」を、ほんの少し、オープンにすることではないでしょうか。つまり「弱点」を自覚して、他人に見せられるようになる、ということです。

あえて「しっかりしている自分」を変えようとする必要はないので、そこは誤解しないでくださいね。


■アドバイス3:自己開示すると、他人との距離が縮まる
もしかするとポメさんは、自分の「弱み」がどこなのか、自覚していないかもしれません。でもね、絶対にあるはずなんです。

私が思うに、それは「意識して、頑張って、きっちりこなしている部分」に隠れていると思います。「○○しないと嫌われるかもしれないからやろう」とか、「しなくていいんだったらしたくないな……」なんて思いながらやっていることです。

というのも、人間って、無意識のうちにきっちりできてしまう部分と、意識してやらないときっちりできない部分ってあると思うんですね。たとえば、早起きだったり掃除だったりは、当たり前に完璧にこなせるけれど、毎日化粧するのは本当は面倒(だけどしている)、みたいな。

この「毎日化粧する」というのが、意識しないときっちりできない部分です。これをたまにはサボってみたりすると、いい意味でのスキ、親しみやすさがにじみ出るかもしれませんね。


■アドバイス4:スキを作るのではなく、スキを見せやすい人と過ごすのもアリ
とはいえ、戦略的にスキがあるように見せるのは、ちょっといやらしいですよね。

スキを作るというより、「この人の前だと、なんだかリラックスできるな、スキを見せられるな」と思う相手となるべく過ごすようにするというのも、1つアリではないでしょうか。

たとえば、だらしない人の前だと自分もスキを見せやすいという方は、少し抜けている雰囲気の男性と恋愛してみると、うまくいくかもしれません。

まずは「自分にも弱みがある」ことを自覚すること。それをたまには、周りにオープンにしてみる&オープンにしやすい環境を作ること。それがポメさんの親しみやすさにつながると思います。
(文:All About 編集部)

関連記事(外部サイト)