「ゆうちょ銀行」は普通の銀行と何が違うの?

「ゆうちょ銀行」は普通の銀行と何が違うの?

ゆうちょ銀行は日本でも有数の大きな銀行です。ゆうちょ銀行は、普通の銀行と、何が違うのでしょうか?


■郵便局時代の名残がある、ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行は、郵政3事業の民営化により2007年10月に誕生しました。郵便局の貯金を取り扱う部門が、株式会社ゆうちょ銀行として民間の銀行になったわけです。

その際、商品やサービスの見直しが行われました。とはいえ、郵便局時代の商品の多くが、ゆうちょ銀行に引き継がれ、今もほかの銀行とは違ういくつかの特徴が残っています。


■ゆうちょ銀行の預入は、定期性貯金で1人1300万円まで
ゆうちょ銀行に預けることができる金額は、民営化後、段階的に引き上げられ、2019年4月1日からは、通常貯金(普通の銀行の普通預金にあたる)は1人1300万円まで、定期性貯金(普通の銀行の定期預金に相当する定期貯金や定額貯金)は1人1300万円までとなりました。

普通の銀行には、こういった限度はありません。

そもそも郵便貯金は、庶民に貯蓄をすすめ、貯金として集めたお金を政府の方針で社会整備のために使おうということから始まったものです。少ない金額から、誰でも貯金できることが原点。しかも、後ろ盾として国がついていました。そのため、限度額が決められてきました。民営化後も、この限度額は生きています。


■ゆうちょ銀行には、郵便局といえばの定額貯金も健在
普通の銀行で一定の期間お金を預けるといえば、定期預金ですね。ゆうちょ銀行にも定期貯金があります。さらにゆうちょ銀行には「定額貯金」という独自の貯金があります。年配の方の中には、金利の高い時期に郵便局の定額貯金に預けて、たくさんの利子をもらった方がいらっしゃるはずです。

定額貯金の特徴は、次の3つです。

・預けて6カ月経てばいつでも解約ができ、最長10年まで預けられる=使い勝手がいい

・最初の3年は6カ月ごとに金利が上がっていく段階金利、全期間にわたって半年複利=長く預けるほど複利効果で利子が増える

・固定金利=高金利のときの預入れが有利

現在は低金利なので、残念ながら定額貯金はあまり有利ではありません。ただし、6カ月経てばいつでも解約できるので、いざというときのお金の預け先に、よさそうです。


■ゆうちょ銀行には、住宅ローンがない?
普通の銀行は、お金を預かる一方で、そのお金を企業に貸し付けています。住宅ローンや教育ローンなど、個人にもお金を貸しています。そうすることで利益を得て、その利益から預金者に利子を払っています。

郵便局の場合、郵便貯金として預かったお金は、国の事業に使われてきました。このお金の使い道に無駄が多く不透明だという批判が、民営化につながりました。民間の銀行になったことで、預かったお金の運用先も、自ら決めることになりました。

現在ゆうちょ銀行では、自前の住宅ローンではなく、ソニー銀行と新生銀行の住宅ローンを銀行代理業者として取り扱っています。申し込みや契約の媒介を行います。


■ゆうちょ銀行と普通の銀行との共通点は?
ゆうちょ銀行はこういった特徴を残しながら民間の銀行になったのですが、変わったこともあります。もっとも大きな点は、万一の場合の保護です。

銀行が倒産したときのために、民間の銀行は預金保険制度に加入しています。民営化にともない、ゆうちょ銀行も預金保険制度に加入しました。万一のときの後ろ盾が、国から預金保険制度になったわけですね。

つまり、ゆうちょ銀行の経営が行き詰まり倒産したときは、1人1000万円までの預金とその利息が、預金保険制度により保護されます。この預金保険制度による保護は、普通の銀行と同じです。


■まだ、国がついている?
株式会社になったものの、その株式をたくさん持っているのは日本郵政という持ち株会社で、その日本郵政の株式の一定割合を政府が保有しています。

今後どうなっていくのか、注目されますね。
(文:坂本 綾子(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)