「金運が上がる友達」と「金運を下げる友達」の違い

「金運が上がる友達」と「金運を下げる友達」の違い

「金運が上がる友達」の特徴

「金運が上がる友達」と「金運を下げる友達」の違い

お金持ちになりたいと願う人は少なくありません。そのために努力するのは大前提ですが、運を味方にするのも大切です。金運アップの妨げにもなり得るのが友達の存在だったりするのです……。

「付き合う友達は選びましょう」というと、上から目線に感じたり、人を信用できない人間のように感じてしまうこともあるかもしれません。

法律に違反するような行為に誘ってくるような人は論外ですが、至って普通に見えても、友達付き合いすると運気が下がってしまう人がいます。

どのようなタイプだと自分の金運を下げてしまうのか、反対に金運アップに導いてくれる友達はどのような人なのかを知っておきましょう。


■いかにして他の人にお金を支払わせるかを考えている人に注意
少なくとも友達という間柄であるのなら、一緒に食事に行ったり、旅行をすることもあるのではないでしょうか。そのとき、相手にお金を使わせるような言動が多い友達は要注意です。

たとえば食事へ出かけたときです。ワリカンのときは高額な物を注文して、個人で支払うときにはできるだけ安い物を注文する。お酒を飲まない友達にまで、きっちりとワリカンで払わせようとする。人の食べている物を欲しがる等、いかにして他の人に支払わせるかを考えている人は、お金に執着している証拠です。

執着はネガティブなもの。このような行動をする友達は、金運アップするどころか運気を下げる存在でしかありません。

このような言動をする友達と一緒に出かけなければならない場合には、お金に関することは誰がどのように支払うのか、どのような意図でそうするのかをあらかじめクリアにしておくことが大切です。

その他、自分の都合ばかり優先する友達も要注意です。お互いさまだし、と遊ぶ約束を調整してもドタキャンするなど、イライラさせられることが何度もある場合には、友達として付き合うべきかを見直すべきです。

友達は都合のいい人ではありませんし、身近な人からぞんざいな扱いを受けると、それが身体にしみついてしまい、何処へ行ってもそのような扱いをされてしまう可能性が高くなってしまうからです。

お互いに歩み寄ることができない人との友情は成り立ちませんし、付き合うべきではありません。


■金運アップする友達は仕事やプライベートを大切にしている人
一方、一緒にいると金運アップする友達というのも存在します。

金運アップする人は、仕事やプライベートといった当たり前の日常を大切にしている人であり、決して友達に損をさせるようなことをしません。

自分の仕事に誇りを持って取り組んでいますので、忙しいときには遊びは後回しになりますが、必ず「いつなら大丈夫」という代案・ネクストオファーを提示してくれます。

幹事をしてくれる友達がタダ働きにならないよう、他の友達に呼び掛けてくれるなど、常に周りの人を大切に扱ってくれます。

簡単にいえば、思いやりのある人なのですが、時間を割くこと、時間を割いてくれる人の大切さを理解している人だともいえます。

自分が楽しむためのイベントでは下調べに抜かりはありませんし、どのようにすると居心地が良いのかを追求して計画しています。自分の幸せに常に前向きなのです。

自分を大切にすることはもちろんですが、相手を思いやる気持ち、余裕があるというのは良い運気を呼び込みます。


■金運アップする友情を構築するために
友達付き合いというのは、人生を彩る大切なことのひとつ。お互いが相手にとって、金運アップできるような人になることが望ましいのではないでしょうか。

ケースバイケースではありますが、与えなければ得られないことがあります。

まずは自分が率先して、自分を大切にするような気持ちで周りの人も大切にすることを決めて、行動に移してみましょう。

このとき、タダで利用されていると感じるような友達には、毅然と対処を!

「類は友を呼ぶ」という諺があります。自分のステージが変われば周りも変わってきます。運気とは氣を運ぶということ。自分の想いひとつで良い運気、良い友達を引き寄せるチャンスがあることを知っておきましょう。
(文:飯田 道子(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)