頭皮の汚れ落としにもコツがある! 家でできる美髪ヘッドスパ【毛髪診断士が解説】

頭皮の汚れ落としにもコツがある! 家でできる美髪ヘッドスパ【毛髪診断士が解説】

ヘッドスパには育毛、白髪の予防改善、ダメージ改善効果、リフトアップ、ストレス解消、肩こり眼精疲労などたくさんの嬉しい効果が。自宅で簡単にできるヘッドスパの方法をご紹介します。


■ヘッドスパには嬉しい効果がいっぱい! 自宅でも簡単にできる?
美髪にとても効果的なのがヘッドスパ。ヘッドスパには育毛、白髪の予防改善、ダメージ改善効果をはじめ、リフトアップやストレス解消、肩こり眼精疲労など、たくさんの効果があります。

ヘッドスパの効果が続くのは、およそ1週間程度。リフトアップや肩こり解消などは即効性がありますが、育毛や白髪の改善などは効果を実感するまでにある程度の時間が必要です。ヘッドスパのお店に毎週通うのは難しいですが、実はヘッドスパは自宅でも簡単に行うことができます。今回は、自宅で手軽に行うヘッドスパの方法をご紹介します。


■自宅ヘッドスパの方法1:頭皮の奥の毛穴詰まり解消
自宅で行うヘッドスパでまず大切なのが、毛穴の奥の汚れをしっかりと取り除くこと。頭皮には、お顔の中で最も皮脂分泌の多いTゾーンの“約3倍”の皮脂腺があり、毎日皮脂が分泌されています。

また、日々の食事をはじめ、生活習慣が乱れやすい現代人は特に皮脂分泌が多くなりがち。この皮脂は、きちんと取り除かなければ老化を加速させる原因に。毎日シャンプーしてるから大丈夫!と思っている人でも、毛穴の奥の皮脂までしっかりとケアできている場合はほとんどありません。

皮脂をしっかりと落とすにはオイルがおすすめ! 脂を“油”で落とすという方法が、素人にも簡単で取り組みやすく、肌に負担をかけずに行えます。まずは化粧用の油を用意してください。椿オイルやホホバオイル、オリーブオイルなど100%天然の油がおすすめです。

▼1. 乾いた髪を優しくブラッシングまずは毛先の絡まりをほぐして、ブラシがスムーズに通るように整えましょう。ブラシを持っていない反対側の手のひらで髪を支えながら、優しくブラッシングします。

いきなり頭頂部からとかすのではなく、毛先から少しづつ中間に向かい、最後に頭頂部から毛先までをとかします。髪のほつれをといたら、次に頭頂部のケアに移ります。地肌に対して斜め45度にブラシを入れ、頭皮の汚れをかき出すようにしてとかします。ポニーテールを作るように生え際から頭頂部へ向かって行います。

▼2. オイルを頭皮全体に塗布オイルは水を弾くため、シャンプー前の乾いた状態で行います。分け目を各箇所でしっかりと作り、頭皮全体に指の腹を使ってオイルをなじませます。オイルは小皿に移して行うか、先の尖ったスクイーズ容器に入れると使いやすいです。

オイルが全体的に行き渡ったら15分以上はそのまま置きます(置く時間については何時間でも構いません)。余ったオイルはパサつきが気になる髪の毛につけてください。一定時間が経ったら、通常通りシャンプーして洗い流します。


■自宅ヘッドスパの方法2:細胞の働きをよくする「頭皮マッサージ」
髪の若返りには、髪を作り出す細胞の働きをよくすることがとても大切。1つ1つの細胞にしっかりと栄養を届けるためには、マッサージが効果的です。心地よい頭皮マッサージは、ストレスを軽減するとともに、ホルモン乱れの改善も期待できます。

お風呂に入りながら、あるいはテレビを観ながらなど、時間をかけてゆっくりと行ってください。マッサージのポイントは指の腹全体を使ってしっかりと地肌に密着させて行うことです。

▼頭皮マッサージの手順1. まずは息を吐きながら頭を左右にゆっくりと倒す
2. 首の付け根と耳の下のくぼみの部分を指先でくるくるくるとほぐす
3. 指全体を面にしてこめかみ部分を上にぐっと大きく引き上げる。3回を目安に呼吸するリズムで行う
4. 少しずつ指をずらして頭頂部まで指と指が交差するまで行う

いかがでしょうか? 継続は力なりといいますが、コツコツと続ければ徐々に嬉しい効果が現れてきますので、ぜひ続けてやってみてくださいね!
(文:田村 マナ(ヘアケアガイド))

関連記事(外部サイト)