宝くじを買うなら、これだけは気を付けて!

宝くじを買うなら、これだけは気を付けて!

サマージャンボや年末ジャンボなど、定期的に宝くじを購入する人は少なくありません。ただ、何も考えずに買っていても、運気を逃してしまいます。どうせ買うと決めているのなら、運気を引き寄せることが大切です。では、宝くじに関する運気アップは、どうすればよいのでしょうか?

サマージャンボや年末ジャンボなど、定期的に宝くじを購入する人は少なくありません。ただ、何も考えずに買っていても、運気を逃してしまいます。では、当せんするチャンスを味方に付けるには、どうすればよいのでしょうか?


■購入前に運気を上げる!
多くの人が夢見る宝くじ当せん! 当たる人は何度も当たるなどともいわれていますし、イニシャル別での統計データなどもありますよね。また、よく当たる売り場なども紹介されています。

ただ、宝くじは、あくまでも「くじ」です。その勝負は、運のみが左右するといっても過言ではありません。それならばいっそのこと、運気をアップさせてから、宝くじを購入するのはどうでしょうか。運気をアップする方法をご紹介します。


■運気をアップする方法1:当せん金を購入資金にあてる
連番で購入すれば、末等は当せんすると思います。ただ、多くの人が末等の当せんを当せん金と認識していないのです。たとえ300円であっても、1億円と同じ当せん金に変わりはありません。たかが300円と思っていたら、運は引き寄せることはできませんよ。

当せん金には、金額に関わらずツキがあります。購入するときには当せん金を含めるとよいでしょう。その他にも宝くじ以外で当せんしたお金や報奨金なども、購入資金にするとよいですね。

末等の当せん金の使い方としては、別途、小袋に入れて財布に忍ばせておくのもOKです。ツキを呼ぶお金が財布に入っていますので、無駄遣いがなくなる、臨時収入があるといったことも期待できます。

また、購入するときには、当せん金と一緒に最低1日は保管し、ツキを他のお金にまとわせて購入しましょう。


■運気をアップする方法2:使う目的を明確にする
宝くじが当たったらどうしたいのか?と考える人は多いと思います。ただ、その目的が自分の娯楽や貯金というよりは、世の中のためや人のために使いたいという方がよいでしょう。

たとえば、当せん金の一部を寄付する、年老いた両親に家を建ててあげたいなどの目的がある場合は、運を呼び込みやすくなります。この場合も必要な金額を算出し、いくらあれば助かるのかを明確にしておくことが必要です。

もちろん、寄付すると決めたなら、当せん金から必ず寄付することを実行してください。目的と違うことをすると、かえって運気が落ちてしまいますよ。


■運気をアップする方法3:「ごちそうする」と話すのはNG
宝くじに当たったら、「好きなモノを買ってあげる」「ごちそうするよ」などと話をする人は少なくないはずです。ただ、これらの行動は単なる見栄でしかありません。

そもそも誰かにプレゼントしたい、ごちそうしたいのなら、宝くじ当せんを待つのではなく、自ら行動を起こすべきです。その理由は、誰かのために行動をすると“運の貯金”ができるからなのです。当せん前に話を広げるのではなく、無言実行を心がけましょう。

いかがでしたか。運気だけでなく、誰かのために行動して徳を積むことは、宝くじ当せんへの道筋になり得るのです。ぜひ宝くじを買うときの心得として、参考にしてみてください。

文:飯田 道子(マネーガイド)
(文:飯田 道子(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)