年金は65歳からもらわないほうがいいのでしょうか?

年金は65歳からもらわないほうがいいのでしょうか?

年金制度にまつわることは難しい用語が多くて、ますます不安に……。ここでは「年金は65歳からもらわないほうがお得?」という質問にお答えします。

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。

今回は、65歳から年金受給をするか迷っている人からの質問です。


■Q:年金は65歳からもらわないほうがお得?
「私は年金を65歳から受給しようと思いましたが、まだ夫は会社員で、収入も、老後貯金も十分あり、生活費はまかなえています。家族から“年金は繰下げ受給したほうがお得だ”といわれました。本当でしょうか?」(64歳・専業主婦)


■A:「繰下げ受給」でもらえる年金が多くなります
65歳で年金を受給せずに、もらう年齢を遅らせると、受給できる年金が多くなります。これを「繰下げ受給」制度といいます。令和3年現在では、最長で70歳(5年間・60カ月)まで遅らせることができます。

2022年4月1日以降に70歳に到達する人は、最長75歳まで繰下げ受給できるようになります。ひと月単位で繰下げすることができ、1カ月あたり0.7%年金額を増やすことができます。

70歳まで繰り下げて年金を受給すると、もらえる年金は42%多くなり、2022年4月1日以降に70歳に到達する人が、75歳まで繰り下げると84%も多くなります。

月単位で年金額の増額が行われ、増えた年金を一生涯もらうことができるので、老後の資産や家計に余裕がある人にはとてもお得な制度です。検討してみてはいかがしょうか。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
(文:All About 編集部)

関連記事(外部サイト)