皮膚科医が正しいスキンケアを伝授 アンチエイジングセミナー11月11日に丸の内で

皮膚科医が正しいスキンケアを伝授 アンチエイジングセミナー11月11日に丸の内で

皮膚科医がこっそり教えるスキンケアの常識、非常識

NPO法人アンチエイジングネットワークは、2016年11月11日に東京国際フォーラムの7階で、「皮膚科医がこっそり教えるスキンケアの常識、非常識」をテーマにセミナーを開く。

講演は2つある。ひとつは「化粧品とスキンケアのウソ、ホント」と題し、東京女子医科大学皮膚科学教室教授の川島眞氏が化粧品の効能や安全性についての理解と、正しい使い方について解説する。「美白化粧品はシミを消す?」「アレルギーテスト済みは敏感肌でも大丈夫?」などのよく聞かれる間違いを正していく。

もう一つは「太陽光線は恵みか、害か」というテーマで、東京女子医科大学附属女性生涯健康センター皮膚科医の田中志保氏が、シミ、シワ、たるみなど肌の光老化の原因と対策法を紹介する。

そのほか、医学的根拠に基づいたフェイスマッサージのミニレッスンや、素敵に歳を重ねていつも輝いている有名人・著名人を表彰する「アンチエイジング大賞2016」の受賞者も発表される。

参加するには、専用の申し込みフォーム(https://www.anti-ageing.jp/seminar-2016/#)から事前申し込みが必要。

定員150名で、参加費は1000円。時間は19〜21時(開場は18時)。

(Aging Style)

AgingStyleで記事を読む

関連記事(外部サイト)