高齢者のメタボリックシンドローム有病率が増加 咀嚼能率低い70代は要注意

記事まとめ

  • 咀嚼能率が低下した70歳代の高齢者は、メタボの有病率が最大で2倍近く上昇と研究結果
  • 70代では咀嚼率が高い人に比べ、低い人の有病率が1.67倍、やや低い人が1.9倍だった
  • 因果関係までは判明していないものの、メタボの新たな評価方法を確立できる可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております