「ヒアルロン酸」を専門家らが研究 最新情報を9月14日に講演

「ヒアルロン酸」を専門家らが研究 最新情報を9月14日に講演

画像はヒアルロン酸機能性研究会サイトトップページ

サプリメントや化粧品、美容医療の治療などでよく使われている「ヒアルロン酸」。人間の皮膚や目に含まれ、みずみずしさとしなやかさを作り出すことから、美と健康を求める人に人気の成分だ。

効能などについての研究も進んでおり、2017年9月14日には「ヒアルロン酸機能性研究会」の第3回学術大会が日比谷コンベンションホール(東京千代田区)で開かれる。研究者や専門家らがヒアルロン酸の活用法や機能性について講演する。

DAA(アンチエイジング医師団)の顧問でAgingStyleにも参加している医師も登壇予定だ。自由が丘クリニック理事長の古山登隆氏は「美容医療におけるヒアルロン酸注入のアップデート」、大阪大学臨床遺伝治療学教授の森下竜一氏は「機能性食品アップデート」というテーマで話す。

申し込みは、研究会のホームページ
http://www.hfa.jp/about/activity_03.htmlから。

参加費は研究会会員は無料(法人会員は3名まで無料)。非会員は3000円(学生は無料)。

医師・専門家が監修「Aging Style」

AgingStyleで記事を読む

関連記事(外部サイト)