映画「今日も嫌がらせ弁当」厚生労働省とタイアップ

映画「今日も嫌がらせ弁当」厚生労働省とタイアップ

厚生労働省×映画「今日も嫌がらせ弁当」

厚生労働省は29日、食生活の改善を推進する施策をテーマに、映画「今日も嫌がらせ弁当」(6月28日(金)全国ロードショー)とのタイアップを発表した。

「厚生労働省×映画「今日も嫌がらせ弁当」とのタイアップ」
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/newpage_00027.html

本作は、シングルマザーの母親と反抗期の娘が手作り弁当を通じて交流する日常を描いた作品で、人気ブログから書籍化された同名エッセイを、篠原涼子と芳根京子の共演で映画化したもの。母親のかおりを篠原涼子、反抗期の娘・双葉を芳根京子が演じ、「僕たちと駐在さんの700日戦争」「レオン」で知られる塚本連平が監督・脚本を手がけた。

厚生労働省では、食生活改善普及運動として、食生活指針に基づき「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマに、「毎日プラス1皿の野菜」「おいしく減塩1日マイナス2g」「毎日のくらしにwithミルク」などの指針を目標にした食事をとるための取り組みを行っている。今回のタイアップは、食生活の改善への理解を深めるための普及・啓発の推進活動の一環。

厚生労働省:食生活指針
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000128503.html

厚生労働省:スマート・ライフ・プロジェクト
http://www.smartlife.go.jp/about/

医師・専門家が監修「Aging Style」

AgingStyleで記事を読む

関連記事(外部サイト)