「歯と口の健康週間」 懐かしい標語を眺めながらオーラルケアとアンチエイジング!

「歯と口の健康週間」 懐かしい標語を眺めながらオーラルケアとアンチエイジング!

「歯と口の健康週間」ポスター

毎年6月4日から10日までは、歯や口の中の健康を見直す「歯と口の健康週間」。

これは、「む(6)し(4)」にちなみ1928年(昭和3年)に日本歯科医師会が6月4日を「むし歯予防デー」としたのがそもそもの始まり。その後加わった啓発週間は名称を変えながら発展し、2013年からは「歯と口の健康週間」となっている。五七五調の標語は1930年から毎回続けられており、今年の標語は「いつまでも 続くけんこう 歯の力」だ。

この啓発週間を実施している厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会は、「歯と口は国民が健康に生きていく力を支えるものであり、歯科疾患の予防や歯と口の健康を保持する取り組みを進める必要があることから、『生きる力を支える歯科口腔保健の推進』を重点目標とする」として、歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発や、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図るとともに、歯だけでなく口腔やその周囲の健康増進を目指している。

今年1月に開催された日本抗加齢医学会のセミナーでは、抗加齢歯科医学研究会代表で鶴見大学歯学部の斎藤一郎教授が「人は口から老いる!」という切り口で講演。口腔機能が低下する「オーラル・フレイル(口腔機能低下症)」による全身的な疾患リスクや予防法について語った。

近年は認知症発症との関連に関するさまざまな研究も進む口腔機能や口腔内環境。これらの改善を図ることは、健康の維持・増進とともに、生きる意欲やQOL向上にもつながるはずだ。

「歯と口の健康週間」は、そもそもの成り立ちこそ子供と母親を対象としたむし歯予防の啓発運動だが、口腔ケアと全身的な疾患やアンチエイジングとの密接な関係が明らかになった現在では大人こそが意識すべきもの。

以下は過去90年間の標語一覧だ。初期の標語を子供の頃に目にした世代は今や100歳前後。これを眺めて子供の頃の遠い記憶をたどりながらオーラルケアとアンチエイジングに励んでみてはいかがだろうか。

歯と口の健康週間
https://www.jda.or.jp/enlightenment/poster/

■標語一覧
 
2019年度(令和元年度):いつまでも 続くけんこう 歯の力
2018年度(平成30年度):のばそうよ 健康寿命 歯みがきで
2017年度(平成29年度):「おいしい」と 「元気」を支える 丈夫な歯
2016年度(平成28年度):健康も 楽しい食事も いい歯から
2015年度(平成27年度):おくりたい 未来の自分に きれいな歯
2014年度(平成26年度):歯と口は 健康・元気の 源だ
2013年度(平成25年度):健康は 食から 歯から 元気から
2012年度(平成24年度):歯みがきは じょうぶなからだの 第一歩
2011年度(平成23年度):みがこうよ 未来へつなげる じょうぶな歯
2010年度(平成22年度):広げよう 「噛(か)む」から始まる 健康づくり
2009年度(平成21年度):かみしめる 生きる喜び 歯とともに
2008年度(平成20年度):ありがとう いつもはたらく 歯に感謝
2007年度(平成19年度):ずっとずっと いっしょがいいな 自分の歯
2006年度(平成18年度):ごちそうさま おはしをブラシに 持ちかえる
2005年度(平成17年度):じょうぶな歯 いつもごはんが おいしいね
2004年度(平成16年度):いつまでも すてきな笑顔と かがやく歯
2003年度(平成15年度):わたしの歯 みらいへつづく たからばこ
2002年度(平成14年度):じょうぶな歯 健康づくりの 第一歩
2001年度(平成13年度):歯がつくる こころの元気 からだの元気
2000年度(平成12年度):めざそうよ 家族全員 きれいな歯
1999年度(平成11年度):かがやく歯 あなたの笑顔の パートナー
1998年度(平成10年度):いつまでも みがいてかんで じょうぶな歯
1997年度(平成9年度):80年 心も元気 歯も元気
1996年度(平成8年度):おいしいね かめる喜び みんなの幸せ
1995年度(平成7年度):心がけ ひとつでのびる 歯の命
1992〜1994年度(平成4〜6年度):長生きは 丈夫な歯から 歯ぐきから
1988〜1991年度(昭和63〜平成3年度):歯がだいじ 食べる楽しみ いつまでも
1972〜1987年度(昭和47〜62年度):よい歯で よくかみ よいからだ
1970、1971年度(昭和45、46年度):歯をみがこう それが我が家の 合言葉
1969年度(昭和44年度):―
1959〜1968年度(昭和34〜43年度):よい歯で よくかみ よいからだ
1958年度(昭和33年度):よい歯で よくかみましょう
1957年度(昭和32年度):強い歯は 母でつくって 子で守れ
1955、1956年度(昭和30、31年度):よい歯で よくかみ よいからだ
1954年度(昭和29年度):歯は健康のみえる窓
1952、1953年度(昭和27、28年度):歯は健康の見える窓
1951年度(昭和26年度):いつも清い歯 丈夫なからだ
1950年度(昭和25年度):みんなで受けよう歯の検査
1949年度(昭和24年度):からだも 心も輝く よい歯
1943〜1948年度(昭和18〜23年度):―
1941、1942年度(昭和16、17年度):よい歯で よくかみましょう
1940年度(昭和15年度):強い歯は 母でつくって 子で護れ
1939年度(昭和14年度):歯牙の愛護に 輝く体位
1938年度(昭和13年度):正しい歯列で 輝く健康
1937年度(昭和12年度):つとめて受けよ 歯の検査
1936年度(昭和11年度):強い身体に 丈夫な歯
1935年度(昭和10年度):健康は先ず 歯から
1934年度(昭和9年度):御国を守れ 歯を護れ
1933年度(昭和8年度):歯は健康の第一線
1932年度(昭和7年度):強い歯をつくれ
1931年度(昭和6年度):よい歯で よく噛みましょう
1930年度(昭和5年度):六歳臼歯を大切に
1928、1929年度(昭和3、4年度):―

医師・専門家が監修「Aging Style」

AgingStyleで記事を読む

関連記事(外部サイト)