いよいよ夏本番!熱中症の応急処置を覚えておこう

いよいよ夏本番!熱中症の応急処置を覚えておこう

熱中症の応急処置フロー

気象庁の最新の週間天気予報(7月27日発表、予報期間:7月28日〜8月3日)によると、今後1週間は最高気温・最低気温ともに、沖縄・奄美を除くと全国的に平年並か平年より高い日が多い。特に北日本は所により平年よりかなり高くなる見込みだ。

夏もいよいよ本番。自分自身のための熱中症予防策は万全でも、外出中など、熱中症が疑われる人に遭遇することがあるかもしれない。どのように対処すべきか、最低限の応急処置は覚えておこう。

環境省の「熱中症予防情報サイト」には、熱中症の対処方法(応急処置)が以下のステップで解説されている。

チェック1: 熱中症を疑う症状があるか?
(めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温)

チェック2: 呼びかけに反応するか?
いずれの場合も涼しい場所へ避難し、服をゆるめて体を冷やす必要があるが、もし呼びかけに反応が無い場合は救急車を呼ぶ。体を冷やすには濡れタオルや氷のう、保冷剤などで、首、腋の下、太もものつけ根を集中的に冷やす。

チェック3: 水分を自力で摂取できるか?
もし自力で水分摂取できない場合は医療機関へ連れて行く。摂取できる場合は水分補給する。大量に汗をかいている場合は塩分の入ったスポーツドリンクや経口補水液などが良い。

チェック4: 症状が改善したか?
もし症状が改善しない場合はやはり医療機関へ連れて行く。改善している場合はそのまま安静にして十分な休息をとり、回復したら帰宅する。

同サイトではトップページに全国の暑さ指数(WBGT)の実況と予測を掲載しているので併せて参考にしてほしい。

暑さ指数(WBGT)とは?
暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい @湿度、 A日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 B気温の3つを取り入れた指標です。
(環境省「熱中症予防情報サイト」より)

【参考】

環境省:熱中症予防情報サイト

http://www.wbgt.env.go.jp/

環境省:熱中症環境保健マニュアル 2018
http://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_manual.php

医師・専門家が監修「Aging Style」

AgingStyleで記事を読む

関連記事(外部サイト)