9月15日は「敬老の日」...ではなく「老人の日」、21日までは「老人週間」

9月15日は「老人の日」。そして21日までの1週間は「老人週間」だ。これにあわせて、内閣府、厚生労働省と、全国老人クラブ連合会を含む福祉・医療関係団体は、毎年「老人の日・老人週間」の全国的なキャンペーンを展開している。

今年の標語は「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」。
各主唱団体は、「誰もが健康で安心して、生きがいのある生活を送ることができる健康長寿社会を築くことが重要」だとして、今回のキャンペーンを契機に、すべての高齢者が安心して暮らせるまちづくり、高齢者の社会参加・ボランティア活動の促進、高齢者の人権の尊重など、以下の6つの目標へ向けた取り組みを提唱している。

キャンペーンが目指す6つの目標
@すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。
A高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。
B高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防等への取り組みを進めよう。
C高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等をみんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。
D超高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、多世代がお互いに協力して安心と活力ある健康長寿社会をつくろう。
E減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域でのつながりを築こう。

●内閣府:「老人の日・老人週間」キャンペーン
https://www8.cao.go.jp/kourei/kou-kei/elderly.html

「老人の日・老人週間」の経緯

昭和22年(1947年)に兵庫県多可郡野間谷村で行われた敬老行事がきっかけとなり、昭和25年(1950年)、9月15日を「としよりの日」としようとする敬老・福祉の県民運動が開始されました。

昭和26年(1951年)、中央社会福祉協議会(現:全社協)が全国運動を提唱。9月15日から21日までの1週間を運動週間として、「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」ことをうたって様々な活動が推進されました。

「としよりの日」は後に「老人の日」を経て昭和41年(1966年)に国民の祝日「敬老の日」へと発展しました。そして、平成13年(2001年)の老人福祉法の改正により、9月15日が「老人の日」、同月21日までの1週間が「老人週間」と定められました。

なお、「国民の祝日に関する法律」の改正により、平成15年(2003年)から「敬老の日」が9月の第3月曜日となりました。

(出典:内閣府ホームページ)

医師・専門家が監修「Aging Style」

AgingStyleで記事を読む

関連記事(外部サイト)