日本銀行、GDP統計に疑問を呈するレポート発表 内閣府が反論したことが話題に

記事まとめ

  • 日本銀行が2014年度のGDP統計に疑問を呈するレポートを発表し、内閣府が反論している
  • 同レポートは実質成長率について2.4%だったと指摘、政府の公表は▲1.0%だった
  • 日銀の公式見解を示すものではないという注記があるが、組織としての意図があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております