新国立競技場、収益化計画が破綻し、建築費1千億円膨張で再び計画白紙の懸念も

記事まとめ

  • 東京五輪の開催費用は膨らむ一方で、総工費1500億円超とされる新国立競技場が問題に
  • 建設業界関係者は「資材費や人件費の高騰で、建設費は2500億円以上になる」と指摘
  • ネーミングライツで200億円の収益を想定していたが、再計画によって白紙になっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております