小保方晴子氏らのSTAP論文、海外研究や論文で引用が相次ぐ 再生医療の研究に貢献も

記事まとめ

  • 今年に入り、相次いでSTAP細胞論文が追試されたり、研究に引用されたりしているという
  • 小保方晴子氏が書いたSTAP細胞論文で示したものと同じ効果も報告されている
  • STAP細胞の学術的価値を認め、論文を修正しなかったのは日本の不幸といえるとの指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております