腹巻きに驚愕の効能!万病予防に劇的効果…危険な「秋バテ」体調不良、なぜ多発?

腹巻きに驚愕の効能!万病予防に劇的効果…危険な「秋バテ」体調不良、なぜ多発?

「Thinkstock」より

 今日は、季節の変わり目の体調不良についての話題です。まず、常識君の解説です。

「夏から秋になると体調不良を訴える人が増加します。猛暑の夏こそ体調不良となりそうですが、むしろその夏を乗り越えた秋の訪れとともにいろいろな不調を訴える人がいます。体がだるい、疲れる、めまいがする、食欲がない、動悸がする、風邪が長引く、咳がとまらない、頭痛がするなどです。いわゆる『秋バテ』といわれる状態です。原因は、なんとか猛暑の夏を乗り越えたあとに、心も体もほっとして油断することで起こるともいわれています。その原因はいろいろと考えられますが、冷たい物の食べ過ぎ、飲み過ぎ、クーラーの使い過ぎ、低気圧の影響、雨の影響、そして自律神経の乱れなどです」

 極論君が言います。

「クーラーや冷蔵庫がない昔は、心地よい秋の訪れは待ち遠しいものでした。そして『食欲の秋』を謳歌したのです。だから、夏には昔のようにクーラーなど使用せず、そして冷たいものを口にしなければ、秋バテのような体調不良は生じません」

 常識君が言います。

「今の猛暑の夏にクーラーを使用せずに過ごせば、秋を迎える前に『夏バテ』で病気になります」

 常識君が追加します。

「猛暑の夏と同じ勢いでクーラーを使い続けたり、冷たい物をとり続けるから、秋バテになるのです。ですから、秋の訪れを感じたら猛暑の夏を忘れて、さっさと秋モードに心も体もセットすることが大切です。クーラーを控えめにして、冷たい物も最小限にするということです」

 そして常識君が質問します。

「低気圧や雨で体調不良を訴える理由はなんだと思いますか?」

 極論君が答えます。

「たしかに、低気圧や台風が来ると、体調不良を訴える人がいます。そして、その不調と低気圧に極めて再現性が高い人もいます。ただ不思議なことに、そんな人が飛行機に搭乗しても同じ症状は起きません。飛行機内は日常生活で経験できる極端な低気圧状態のひとつで850ヘクトパスカル近くにまでなるそうですが、症状は出ません。850ヘクトパスカルの台風などは聞いたことがありません。なぜ飛行機の中で秋バテのような症状が出ないのか、不思議です。高山病も気圧の低下が原因のひとつですが、秋バテは高山病とも違った訴えなのがまた不思議です」

●規則正しい生活が大切

 そこで、常識君のコメントと質問です。

「では、気圧の低下と湿度で症状が出るのかもしれませんね。まだ科学的に解明できないことはたくさんあります。そんな科学的な根拠が明らかでなくても、秋バテを防止する対策はありますか?」

 極論君らしくない意見です。

「さっさと真夏を忘れることですよ。そして体を温めることです。腹巻きは不滅の健康管理の道具ですよ。真夏でも腹巻きをしていて構いません。最近は女性用のおしゃれな腹巻きもたくさんあります。ぜひ試してください。飲み物は温かいもの、そして食べ物も温かい物がいいでしょう。お風呂にゆっくり入るのもいいですよ。また睡眠不足は不調を増強させる大敵です。規則正しく生活しましょう」

 常識君の質問です。

「夏から秋にかけて、風邪が長引く人がいますが、なぜかわかりますか?」

 極論君のコメントです。

「風邪は急性発熱性疾患で、ウイルス感染症です。自分の免疫力で撃退するしか根本的な治療方法はありません。そのために体が行うことが発熱です。日頃の体温よりも高い温度に設定するのです。うまく発熱できる人は、風邪がすぐに治ります。夏から秋にかけて風邪が長引く理由のひとつが、クーラーと冷たい飲食物で、せっかく温めるモードに入った体を冷やしてしまうことです。もしも風邪を引いた場合には、体を温めることを心がけましょう」

 常識君の追加発言です。

「最近の冷房は抜群の威力です。都会の電車などはドアが開くたびに熱風が入りますが、閉まると強力な冷房効果で相当冷えます。そしてまたドアが開きます。同じようなことがあちらこちらで生じます。寒暖差があまりにも激しすぎます。そんなときには自律神経が故障します。自律神経とはオートマチックに体のいろいろな要素を整える神経です。そんな働きがオーバーヒートするのです。夏バテをなんとか乗り越えても、その後の秋バテにつながるのです。自律神経の消耗を極力生じないように規則正しい生活が大切です」

 今回は、常識君、非常識君、極論君とも実は同じような意見でした。
(文=新見正則/医学博士、医師)

関連記事(外部サイト)