役所のミスにより昨今、固定資産税の過徴収が頻発 減額修正は納税者の500人に1人も

記事まとめ

  • 昨今、役所のミスによって固定資産税を過徴収される事例が頻発しているという
  • 2009年度から11年度の3年間で約97%もの市町村で税額修正、約19.5万人に減額修正した
  • その割合は納税者の約500人に1人で、原因に職員の負担増が指摘されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております