ソフトバンク、ギガモンスターへの疑問…千円追加で容量4倍、むしろ今まで騙されていた?

ソフトバンク、ギガモンスターへの疑問…千円追加で容量4倍、むしろ今まで騙されていた?

NTTドコモがギガモンスター対抗して発表した「ウルトラパック」

 大手携帯電話会社(キャリア)3社は、米アップル製「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の発売に合わせて、月額6000円で20GBの高速通信容量が利用できる料金プランの提供を開始した。従来の5GBのプランに月額1000円をプラスするだけで、4倍もの通信容量が利用できるこのサービスが提供されるまでには、どのような経緯があると考えられるだろうか。

●ソフトバンクの「ギガモンスター」はなぜ登場した?

 アップルが新しいiPhone 7/7 Plusを発表した直後の9月8日、ソフトバンクは発表会を実施し、新サービス「ギガモンスター」を提供することを発表。その後、au(KDDI)が「スーパーデジラ」、NTTドコモが「ウルトラパック」と、相次いで同様のサービスを提供することを発表し、話題となっている。

 ギガモンスターなど一連のサービスについて改めて説明すると、これは月額6000円で20GBの高速通信容量、月額8000円で30GBの高速通信容量が利用可能な、新しいデータ定額サービス。従来大手キャリアで主流だった、月額5000円で高速通信容量が5GBの料金プランに、月額1000円をプラスするだけで高速通信容量が大幅に増量されるのが大きな特徴となっている。

 多くのキャリアでは、高速通信容量を1GB追加するのに1000円かかることから、毎月1GBをプラスする料金で通信容量が4倍に増えるのが非常にお得であることに間違いはない。しかしながら一方で、これまで1000円で1GBしか容量を追加できなかったにもかかわらず、突然実質的に同額で15GBも追加できるプランが登場したことから、ユーザーからは「今まで騙されていたのではないか」という声も上がっているようだ。

 ではなぜ、ソフトバンクをはじめとした大手キャリアは突如このようなサービスを提供し、容量を大幅に増やすに至ったのだろうか。最初にギガモンスターを発表したソフトバンクの動向を振り返ると、ある程度周到に用意を進め、最もよいタイミングを見計らってサービス導入に動いたことがわかる。

 キャリアの収入は基本的に、毎月の通信料とユーザー数によって変化してくる。それゆえ従来、1万6000円で提供していた20GBのデータ定額サービスを6000円に下げることは、ソフトバンクにとっては一見デメリットであるようにみえる。しかしながら、そもそも1万6000円を支払って20GBの容量を最初から契約している人は、決して多くはない。

 一方で、ソフトバンクは高速通信容量が5GBの「データ定額パック・標準(5)」を主力として販売してきたことから、このサービスの契約者は非常に多いと考えられる。そこでソフトバンクは、従来の料金で20GBのサービスを提供し続けるよりも、数が多い5GBのサービスを契約している人に対してより付加価値が高く料金が近いサービスを提供し、そちらに移行してもらうことで1人当たりの料金を上げるほうがメリットがあると判断。トータルでの売り上げを拡大するべく、ギガモンスターの提供に至ったといえるだろう。

●「6000円で20GB」の実現には周到な準備が

 その際、問題となってくるのは上位プランの付加価値となる通信容量だ。容量にあまり差がなければメリットが少なく移行が進まないだろうし、容量が大きすぎれば、今度はユーザーが通信容量を使い過ぎてインフラに負担がかかり、通信速度が低下して満足度が下がりかねない。それゆえソフトバンクは、事前にユーザーの利用動向を調査した上で、容量とインフラにかかる負担とのバランスを考慮し、20GBという現在の容量をはじき出したと考えられる。

 そうした調査の場のひとつとみられるのが、今年1月より提供されていた「ギガ学割」である。ギガ学割は、25歳以下のユーザーに対して36カ月間、6GBをプレゼントするというキャンペーン施策だが、ギガ学割のターゲットはスマートフォンのヘビーユーザーが多い、10〜20代の若い世代である。そうしたヘビーユーザーに対して高速通信容量を多く提供することにより、インフラにどの程度負担がかかるのかを見極めた上で、20GBでも問題ないと判断したと推測される。

 ソフトバンクはユーザー動向の見極めだけでなく、インフラ側で通信トラフィック増大に向けた対処も進めていた。それが「Massive MIMO」だ。

 これは、従来よりはるかに多くのアンテナを用いることで、電波の指向性を高め、ユーザー一人ひとりに電波を直接飛ばすことによって、混雑の影響を減らし通信速度を高める技術。ソフトバンクではこの技術を、傘下のWireless City Planningが運用しているAXGP回線(ソフトバンクでは「Softbank 4G」として使用)に導入することにより、混雑による通信速度低下の影響を軽減したのである。

 事前の調査による予測と、混雑解消に向けた新技術の導入。これら2つの準備が整ったことから、通信容量を最も欲している若い世代から絶大な支持を得ている、iPhoneの新機種が登場したタイミングを見計らって、ソフトバンクはギガモンスターの提供に至ったものと考えられる。

●他の2社が追従するのは簡単だったのか?

 それだけ周到な準備の上に導入されたギガモンスターだが、数日のうちにはauやNTTドコモも相次いで提供を表明していた。両社とも一見簡単に追従しているようにみえるのだが、NTTドコモはギガモンスターが発表されてからウルトラパックを発表するまで5日かかっており、導入の判断に時間がかかったことをうかがわせている。

 準備が整っていない2社にとっては、従来はより高額で提供していたサービスを、予期しないタイミングで事実上値下げすることにもなるのだから、収益に与える影響が少なからずあるだろう。また容量を増やすことにより、通信トラフィックが増えることも避けられない。それでもなお、両社がギガモンスターに追従するに至ったのはなぜだろうか。

 最も大きいのは、やはり競争上の理由であろう。容量に大きな差がつくことが顧客流出につながるとなれば、ユーザー数の減少が通信料収入の減少に直結するキャリアにとって、デメリットがあろうとも追従しなければより大きな減収を招きかねないからだ。それだけに両社とも、ある程度の減収は覚悟の上での導入といえる。

 一方でトラフィックの面に関しては、ソフトバンク以外の2社もトラフィック対処は定常的に進めており、特にiPhone 7/7 Plusの発売に合わせては、いくつかの施策を打ち出していた。

 NTTドコモはすでに導入している、3つの異なる電波を束ねて高速化するキャリアアグリゲーションの対応エリア拡大や、新たにiPhoneが対応した1.5GHz帯を積極活用。auは3Gにも活用している2GHz帯をLTEのみに割り当てるエリアを拡大し、帯域幅を広げて通信容量を増やす取り組みを進めている。そうした一連の施策によって、トラフィックの増加はある程度カバーできると判断したといえそうだ。

 少ない料金追加で通信容量が4倍になるというのは、ユーザーにとっては非常に手軽でメリットの大きい施策に映るだろう。しかしながらその裏側を担うキャリアにとっては業績やインフラに与える影響が大きく、非常に神経を使う施策でもあり、決して容易なものではないということだけは覚えておきたい。
(文=佐野正弘/ITライター)

関連記事(外部サイト)