たった千円で確実にナンパ成功できる店&方法!女性客の9割がナンパ目的で安心

たった千円で確実にナンパ成功できる店&方法!女性客の9割がナンパ目的で安心

「300BAR HP」より

「出会いがない」――。

 そんな声をよく聞く。学生時代はクラスやサークルのイベントなどで異性と親交を深める機会がいくらでもあったのに、社会人になると、会社と自宅を往復する日々。たまに誘われる合コンくらいでしか、恋のチャンスがないという人も多いだろう。

 そんな人々の悩みを解消すべく、数年前に“相席居酒屋”がちょっとしたブームになったのは記憶に新しい。たとえば、店に集まった男性2人1組・女性2人1組がランダムに席に付き、即席で2対2のプチ合コンが始められるというようなサービスが特徴だ。当日飛び込みでも入店できるという利便性の高さが受けた。

 問題はコスパだ。女性は時間無制限で食べ飲み放題無料なのに対し、男性は30分で1500円程度が主流。当然、長居すると高く付いてしまう。さらに、“タダ飯&タダ酒目的”の女子もいるため、話が弾まなかったり、連絡先を交換してもまったく無反応だったりもする。費用対効果を考えると、二の足を踏んでしまうという人もいた。

 そこでおススメしたいのが、銀座と新橋にある「銀座300BAR(スリー・ハンドレッド・バー)」だ。銀座店のほうは、1992年から営業しているというかなりの老舗。東京の一等地としては例外的価格設定のスタンディングバーであり、同時にナンパのメッカとしても知られている。ここでは、そんな300BARのメリットを、現地での簡単なナンパの仕方と共に紹介していきたい。

●メニューのほとんどが300円

 店内に入るとまず、3枚綴りのチケットを買うことになる。300円×3枚(税別)なので料金を1000円以内に収めることも可能。このチケット1枚で店内にある大体のドリンクやフードを買える。また、チケットに有効期限はないため、いつ来店しても使えるというのもうれしい。

 さて、予約なしでいつでも入れて、おまけに格安な300BARだが、問題はここから。男性比率が非常に高いのである。良くて7:3、ひどいときで9:1は男だ。この高い競争率を乗り越えて女性に声を掛けるのは至難の業のように思われるが、それもやり方次第でどうにでもなる。具体的な方法を以下に記載するので、「ナンパが苦手」という人は参考にされたい。

(1)狙い目は20:30〜22:30

 なぜなら、この時間がコアタイムだからだ。平日であっても、20:30〜22:30は立錐の余地もなく人で埋め尽くされている場合が多い。人の入れ替わりも活発なため、タイプの子と出会える可能性も大いにある。

(2)目当ての人がいたら「よく来るんですか?」と声を掛ける

 この店に来る女性の8〜9割は「ナンパされる目的」で来店しているので、「声を掛けるのはマナー」くらいに思っておいてもいい。肝心なナンパする際の最初の一言だが、おススメなのが「よく来るんですか?」だ。これにより、頻繁に来る「ナンパされ慣れている人」「ただおごられたいだけの人」をふるいにかける。初めて来た、もしくは2回目という女性がベスト。打算や駆け引きがなく、純粋に会話を楽しめるからだ。

(3)入り口付近で張る

 店内を見渡しても、大半の女性がすでに他の男性にナンパされている場合も多い。そんなときは、入り口付近で張るのだ。あまりみんながやるとお店の迷惑になるので、空気を読む必要があるのだが、この方法はかなり効果的。

 目当ての女性が入り口に入った瞬間に、「すいません! 良かったら僕らと飲みませんか?」と一言。わかりやすさ重視で一気に伝えると良い。「うーん、どうしようかな〜?」と悩んでいたら、チケットを出して「1杯おごるんで!」とダメ押ししよう。断られることもあるが、数を撃てば当たるはず。

 実際、筆者はこの方法を駆使して、ひとりで、もしくは友人と共に数十人の女性をナンパしてお酒を飲み、連絡先も手に入れた。低コストで済むため、「出会いもお金もない」という方は、ぜひ一度、足を運んでみてはどうだろう。
(文=小島浩平/ロックスター)

関連記事(外部サイト)