テレ東の人気アナ・鷲見玲奈の「サッカー取材ノート」が細かくて絶賛の嵐も、あの「超問題児選手」へのメモが辛辣!? まったくもって「その通り」なのだが......

テレ東の人気アナ・鷲見玲奈の「サッカー取材ノート」が細かくて絶賛の嵐も、あの「超問題児選手」へのメモが辛辣!? まったくもって「その通り」なのだが......

「鷲見玲奈アナウンサー公式Twitter」より

 テレビ東京の人気アナウンサー・鷲見玲奈のとあるツイートが絶賛されているが、その一部にある選手に関する「辛辣(?)コメント」が書かれていたと話題になっている。

 絶賛されたのは、10月5日に鷲見アナがUPした、サッカーW杯アジア予選「日本×イラク」に関する「取材ノート」。画像を見ていただければわかりやすいが、非常に事細かにサッカーに関する取材がなされており、内容は戦術などにも波及している模様。さらに字もきれいとあってネット上では「女子アナってすごいんだな」「これはちょっとすごい」と反響を呼んだ。

 鷲見アナといえば同局の『ウイニング競馬』のMCが非常に印象的だが、実は木曜の『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』のMCも担当しており、番組内でサッカー日本代表を扱うということで、勉強していたようだ。本人は今回の反響に「私の粗雑なノートをお褒め頂きありがたいのですが、この程度は当然のようにやっている先輩方ばかりですし、謙遜ではなく本当に、私なんてまだまだです。」とコメントしている。それにしても、アナウンサーというのは誰もがここまでやるものなのか、少々驚きだ。

 さて、その「ノート」は確かに立派なのだが、戦術などを記したルーズリーフに重ねられた、画像でいえば右端のノートには、選手の一覧が記載されている。すべてではないが、選手名の隣には時折「右ウィング」や「ケガ」など、個々の選手の状態に関するメモが。一人ひとりの選手まで把握せねばならないとは、本当に大変な仕事だ。

 だが、よくよく眺めてみると、「ある選手」に関してだけどことなく「辛辣」なメモが......。

 その選手とは、金崎夢生選手。今年8月20日、J1セカンドステージ第9節湘南戦ベルマーレ戦で交代を命じられ怒り爆発、ベンチでふんぞり返る、交代させた監督に詰め寄るなど「暴挙」に出て、それを見ていた日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督から「代表追放」のような厳しい評価を下されたことで注目の的となった選手だ。

 そんな金崎選手の名前の隣に、鷲見アナのノートがこう記したように見える。

「素行」

 もし仮に「素行」だとして、まあ、まったくもってその通りなのだが、他がポジションや状態のコメントなのに、一人だけ「素行」というのは何とも冷たく見える。女子アナもシビアな仕事、クールに冷徹に、かつ一言で選手を言い表さねばならない。今の金崎選手を一言で表現するとしたら、こうするしかなかったということか。鷲見アナとしては、何となく書いただけなのだろうが......。

関連記事(外部サイト)